ここから本文です

【MLB】山口俊が初ブルペン、見守った指揮官は絶賛 「素晴らしい制球力だった」

2/15(土) 9:07配信

Full-Count

先発確約は避け「まず見極めないといけない」

 ブルージェイズの山口俊投手が14日(日本時間15日)、キャンプ地のフロリダ州ダンイーデンでブルペン入りし、変化球を交えて53球を投げた。投球をピート・ウォーカー投手コーチとともに見守ったチャーリー・モントーヨ監督は「素晴らしい制球力」と、日本人右腕を絶賛した。

【写真】「スーパークール」「酷い格好だな」ファンの評価は真っ二つ… 山口俊が入団のBジェイズ新ユニホームを着用した4選手の実際の写真 

 この日、キャンプ合流後初となるブルペン投球を行った山口は変化球を交え53球。自身も「イメージ通り」と納得の投球だった。これを見守った指揮官も「今日見たことに、僕は好感を抱いている。彼は、ピッチングに対して良く理解している。何をすべきかが分かっている。ベースボールは(日本の野球とは)、異なっているので、まず、適応しなければいけない。ただ、今日のブルペンでの投球は良かったよ」と好印象を口にした。

 続けてモントーヨ監督は「彼には素晴らしい制球力があった。彼は、ピッチングに関して、どうすればいいのかを理解している」と、山口の投球を絶賛した。

 一方で先発としての起用を希望している右腕について問われた指揮官は「それは、まず見極めないといけない。ピート(投手コーチ)と話をしてね。先発のポジションを目指して、多くの投手がしのぎを削ってるからね」と明言は避け、他の先発候補との競争となることを示唆した。

木崎英夫 / Hideo Kizaki

最終更新:2/15(土) 10:26
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事