ここから本文です

【クイーンC】ミヤマザクラ重賞初V 福永は「次の桜花賞に向けて、どれだけ脚を使えるか測りたかったが…」

2/15(土) 16:31配信

スポーツ報知

◆第55回クイーンC・G3(2月15日、東京・芝1600メートル、良)

 3歳牝馬限定のG3は14頭によって争われ、2番人気で福永祐一騎手騎乗のミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)が、好位から直線で抜け出し、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分34秒0。

【動画】日本一〇な女子アナ・薄井しお里の実況予想…共同通信杯杯・G3の予想

 4番人気のマジックキャッスル(シェーン・フォーリー騎手)がゴール前で追い詰めるも首差の2着まで。12番人気のセイウンヴィーナス(野中悠太郎騎手)が3着に入った。

 福永騎手(ミヤマザクラ=1着)「次の桜花賞に向けて、初めてのマイルの距離だったので、ちょっとタメを利かせて、どれだけ脚を使えるか測りたかったが、思った以上にスタートがよくて、いい位置を取れてしまって、粘り込む形になってしまった。(レースの形は)不本意だったけど、馬が強かった。純粋に能力の高い馬。次のG1を見据えてレースをしたかったけど、馬に負担をかけてしまいましたね」

報知新聞社

最終更新:2/15(土) 16:34
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事