ここから本文です

【楽天】辰己、自身今年初実戦で3安打「続けることに意味がある」

2/15(土) 21:59配信

スポーツ報知

◆練習試合 楽天3―1ヤクルト(15日・金武)

 楽天・辰己涼介外野手(23)が今年の自身初実戦で4打数3安打をマークし、アピールに成功した。

 「1番・中堅」で先発し、初回先頭で遊撃内野安打を記録。3回1死無走者では中越え二塁打で、その後の先制点につなげた。5回無死二塁では右前適時打を放つと、本塁への送球間に二塁を陥れた。

 「いい結果を続けることに意味があると思う。満足せずにチームが勝つように貢献していきたいなと思います」

 大卒1年目の昨季は124試合に出場し、打率2割2分9厘、4本塁打、25打点。「まずは開幕スタメンを目指して、143試合出ずっぱりの目標を立てている。いいアピールができるように取り組んでいきたい」と闘志を燃やした。

報知新聞社

最終更新:2/15(土) 21:59
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事