ここから本文です

楽天松井テンポ早め2回完全 試合前調整に戸惑いも

2/15(土) 18:49配信

日刊スポーツ

<練習試合:楽天3-1ヤクルト>◇15日◇沖縄・金武ベースボールスタジアム

楽天が15日、沖縄・金武キャンプでヤクルトと練習試合を行った。18年以来2年ぶりに先発に再転向した松井裕樹投手(24)は、ニュースタイルで2回無安打無失点。上々の滑り出しを見せた。

【写真】ナインを笑顔で出迎える楽天松井

   ◇   ◇   ◇

楽天の松井裕樹投手(24)が、再び真っさらなマウンドに足を踏み入れた。18年10月4日日本ハム戦以来の先発で2回を完全。ボール先行が目立ったが、最速は145キロ。守護神時代は使わなかったカーブも披露した。2回1死、西浦をカーブと直球で追い込み、最後はフォークで空振り三振。「マウンドに上がって無事帰ってこられた。今日はそれで十分」と控えめに評した。18年は終盤戦の2試合のみの先発で、本格的な先発はルーキーイヤーの14年以来。忘れかけた感覚を徐々によみがえらせていく作業から始める。「試合までに何をしていいか分からないので、ぼーっとしていました。もうちょっとどっしりと過ごしたい」と先発当日の試合前の時間配分に戸惑った。生きた試合を締めるのが守護神ならば、先発は命を吹き込むところから始まる。「試合の中で9回を迎えるのとは違う」という。

この日は投球間のテンポを意識的に速め、連なる打者との対戦に意識を置いた。「そこそこ速いテンポで投げてみて、バックの人たちがどう感じるか。聞いて確認したい」と今後へイメージを膨らませる。プロ通算321試合139セーブで磨かれた順応力は大きな武器。上々の再スタートを切ってみせた。

最終更新:2/16(日) 23:55
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ