ここから本文です

栃木SC新チーム名の公募開始 ホームタウン「宇都宮」は必須

2/15(土) 12:12配信

下野新聞SOON

 チーム名の変更を検討しているサッカーJ2栃木SCは14日、新チーム名の一般公募を始めた。ホームタウンを示す「宇都宮」(仮名表記も含む)は必須で、さらに「栃木」(同)または栃木県を象徴する愛称などを含むことが条件。29日締め切り。橋本大輔(はしもとだいすけ)社長は「クラブの将来につながるような案があるかを精査し、変更可否を含めて検討していく」と話している。

 宇都宮市民がより身近にクラブを感じ、応援してもらうために募集する。県外での新規スポンサー獲得なども目的。県サッカー協会やクラブOBらで組織する選考委員会で審議し、今夏に結果を発表する予定。

 名称は「宇都宮」「うつのみや」「ウツノミヤ」のいずれかを使うことが条件。さらに「栃木」「とちぎ」「トチギ」のいずれか、もしくは「栃木県を象徴するもの」などにちなんだ愛称を加える。

 同クラブホームページ上の専用フォームから1人3案まで応募できる。変更が決まった場合、Jリーグ理事会の承認などを経て早ければ来季から使用することを想定している。

 クラブはJリーグ参入10年が経過した昨年2月、スポンサーから多くの提案があったことを踏まえ、名称変更の検討に入る方針を表明していた。

最終更新:2/15(土) 12:12
下野新聞SOON

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ