ここから本文です

<スマートスタイル>センバツ平田 第3部 横顔点描/3 高橋大樹内野手/保科陽太内野手 /島根

2/16(日) 13:57配信

センバツLIVE!

 ◇4番打者、投げても活躍 高橋大樹(たかはし・だいき)内野手(2年)

 2019年度秋季大会の全7試合で4番に座った。打ってはチームトップの4打点を挙げ、投げても県大会で強豪・開星を9回1失点に抑えるなど4試合で好投。三塁手として失策0と安定した守備も披露し、まさにチームの攻守の要だ。

【動画】センバツ出場校、秋季大会熱闘の軌跡

 中学の時に発症した腰椎(ようつい)の分離症が19年春に再発し、夏の島根大会は本来の力をほとんど発揮できなかった。悔しさを晴らそうと臨んだ秋、立正大淞南戦では六回2死一、二塁で「ここで打てば流れが変わる」と打席へ。外角の直球をしぶとく右前に運び同点とした。

 投手として制球力を、打者としてミート力を高めるのを課題に掲げている。「センバツ出場校はどこも有名だが、恐れず勝負する」と大舞台を見つめる。

 ◇目標統一、気遣いの主将 保科陽太(ほしな・ひなた)内野手(2年)

 仲間に的確なアドバイスを送り、常に周囲への気遣いを欠かさない主将。植田悟監督は「細かなことに気付いてくれる」と頼りにする。昨秋の公式戦では打率3割4分6厘、盗塁4と、先頭打者として攻撃をけん引した。

 躍進を遂げた秋の大会の裏では文武両道の公立校ならではの難題にも直面した。部活と勉強のどちらを優先させるか、個々の温度差が無視できないレベルに達していると感じた。そこで、黒田泰司、坂田大輝両副主将(いずれも2年)と相談のうえ「本気で甲子園を目指さないか」と語りかけ、チームをひとつにまとめ上げた。

 甲子園では「ボール球を冷静に見極めた粘り強いバッティングで出塁し、チャンスを生み出したい」と意気込む。

最終更新:2/16(日) 16:35
センバツLIVE!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ