ここから本文です

【共同通信杯の見どころ】クラシックに直結する一戦に武豊マイラプソディら参戦

2/16(日) 11:14配信

netkeiba.com

 ゴールドシップやイスラボニータをはじめ、多くの優勝馬が後にGI馬となった出世レース。出走する主な有力馬は次の通り。

【写真】マイラプソディこれまでの軌跡

■2/16(日) 共同通信杯(3歳・GIII・東京芝1800m)

 マイラプソディ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は新馬戦、野路菊S、そして前走の京都2歳Sをいずれも余裕たっぷりな走りで完勝。動きは使われる毎に良化しており、まだまだ底が見えない。ここも勝って、デビュー4連勝でクラシックに向かうことができるか注目したい。

 フィリオアレグロ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)はGIを2勝したサトノクラウンの半弟にあたるディープインパクト産駒。10月に東京芝2000mでデビューし、好位から長く脚を使って勝利した。今回はそれ以来の2戦目で試金石となるが、どのような走りを見せてくれるか。

 その他、札幌2歳Sで3着のダーリントンホール(牡3、美浦・木村哲也厩舎)、京成杯で4着のビターエンダー(牡3、美浦・相沢郁厩舎)、2連勝中のココロノトウダイ(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

最終更新:2/16(日) 11:14
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ