ここから本文です

『アイマス シンデレラガールズ』7thライブ“Glowing Rock!”(大阪公演)2日目リポート。冬の寒さを吹き飛ばすアツい歌に、会場のボルテージは限界突破!

2/16(日) 22:32配信

ファミ通.com

文・取材:NiSHi

ロックなナンバーに会場の熱気が高まる!

 2020年2月15日、16日の2日間、大阪府・京セラドーム大阪にて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』(以下、『シンデレラガールズ』)のライブイベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock!”が開催。本記事では、同公演2日目の模様をお届けする。

■出演者(敬称略)
大橋彩香(島村卯月役)
朝井彩加(早坂美玲役)
金子真由美(藤本里奈役)
佐倉薫(黒埼ちとせ役 )
関口理咲(白雪千夜役)
高森奈津美(前川みく役)
立花理香(小早川紗枝役)
種崎敦美(五十嵐響子役)(※)
津田美波(小日向美穂役)
新田ひより(道明寺歌鈴役)
牧野由依(佐久間まゆ役)
三宅麻理恵(安部菜々役)
福原綾香(渋谷凛役)
青木志貴(二宮飛鳥役)
青木瑠璃子(多田李衣菜役)
内田真礼(神崎蘭子役)
桜咲千依(白坂小梅役)
嘉山未紗(脇山珠美役)
佐藤亜美菜(橘ありす役)
洲崎綾(新田美波役)
千菅春香(松永涼役)
東山奈央(川島瑞樹役)
渕上舞(北条加蓮役)
松井恵理子(神谷奈緒役)
村中知(大和亜季役)
ルゥティン(塩見周子役)
原紗友里(本田未央役)
田澤茉純(浜口あやめ役)
花井美春(村上巴役)
原優子(向井拓海役)
松田颯水(星輝子役)

■ゲスト出演
中澤ミナ(佐城雪美役)
星希成奏(夢見りあむ役)

■バンドメンバー
ギター:IMAJO、睦月周平
キーボード:滝澤俊輔
ドラム:山本真央樹
ベース:小栢伸五

▼注釈
※種崎敦美さんの“崎”は、正しくは“たつさき”ですが、本記事では“崎”の文字で表記いたします。

※1日目の模様はこちら
『アイマス シンデレラガールズ』7thライブ“Glowing Rock!”(大阪公演)1日目リポート。生バンド×キャスト陣による大迫力のステージは最高にロック!
https://www.famitsu.com/news/202002/15192792.html


 『シンデレラガールズ』初の音楽ジャンル別公演として、2019年9月より開催されている本ライブツアー。幕張公演では“Comical Pops!”、名古屋公演では“Funky Dancing!”と題され、公演名を象徴するような楽曲、ステージ演出でプロデューサー(※『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)を楽しませていた。

 そうした7thライブツアーも、いよいよ大詰め。昨日行われた大阪公演の1日目は、迫力のある生バンドの演奏、そして出演者たちのパフォーマンスにより、大盛況となった。

 前日に引き続き、本日の2日目公演も会場はビッシリと観客で埋め尽くされ、開演前から場内BGMとして流される『シンデレラガールズ』の楽曲に合わせて、プロデューサーたちはペンライトを振りながらにコールを行うなど、すでに準備は万端といった様相だ。

 会場中がライブのスタートを待ち望む中、ついにその時が訪れる。開演時間になり、客電が落とされると、会場のスクリーンにアシスタントを務める事務員の千川ちひろ(声:佐藤利奈さん)が登場し、注意事項をアナウンス。

 続いて、オープニングアクトとして登場したダンサーたちによるコンビネーションダンスで会場が十分に温められると、『ガールズ・イン・ザ・フロンティア』のイントロが流れる。「待ってました!」と言わんばかりの歓声で会場が埋め尽くされると、ステージ上にかけられた巨大なカーテンに“Final Special 3chord♪”の文字が投影される。そして、キャスト陣がステージに出現。そのまま同曲を歌い上げた。

 おなじみの「私たち、シンデレラガールズ!」の掛け声とともに、改めてライブの開演が宣言された後は、本公演のテーマ曲である『Unlock Starbeat』が披露。生バンドによる演奏はこの日も絶好調で、会場を熱く盛り上げる。


 続いて、キャスト陣から公演に際しての挨拶と、バンドメンバーや本公演でキャストたちが身にまとっている衣装“クリムゾン・ロッカーズ”についての紹介がなされた。

 MCタイム後は、朝井さん、桜咲さん、金子さん、松田さんによる『Lunatic Show』で会場が再び沸騰。そうして高められた熱気は、“羽衣小町”(立花さん、ルゥさん)の『美に入り彩を穿つ』によって、さらに大きなうねりとなった。

 その後も、“ノーティギャルズ”(金子さん、原優子さん)による、激しい曲調の中に爽やかさを感じる『Virgin Love』、“*(Asterisk)”(高森さん、青木瑠璃子さん)による、キュート&クールな『OωOver!! -Heart Beat Version-』、花井さん、佐藤さん、ルゥさん、福原さん、東山さん、村中さん、牧野さんによる、王道かっこいい『Nocturne』と、さまざまな色を持つロックナンバーが披露された。

 その後のMCコーナーではキャスト陣より、先程のパフォーマンスの感想が語られた。『美に入り彩を穿つ』を歌唱した立花さんとルゥさんは、生バンドの演奏により、楽曲のベースラインのかっこよさが際立っていたと、ベーシストの小栢さんを称賛。これに会場からも大きな拍手が送られ、プロデューサーたちの同意が見て取れた。

 続くパートでは、佐倉さん、松井さんによる『オウムアムアに幸運を』、“可惜夜月”(田澤さん、新田さん、嘉山さん)による『義勇忍侠花吹雪』、“フォーリンシーサイド”(東山さん、花井さん)による『Gaze and Gaze』、『生存本能ヴァルキュリア』(佐倉さん、佐藤さん、洲崎さん、関口さん)など、本公演初披露の楽曲も展開。プロデューサーたちに驚きと新鮮なライブ体験を提供した。

 なお、『Gaze and Gaze』については東山さんと花井さんが、楽曲名の“Gaze”が見つめるという意味であることから、ステージ上でもお互いに見つめ合いながらパフォーマンスをしたと明かした。


 また、『生存本能ヴァルキュリア』の後に披露された『Trust me』(青木志貴さん、朝井さん、桜咲さん、原紗友里さん、牧野さん、三宅さん、渕上さん)では、歌詞の“発火”に合わせて、ステージに火柱が上がるという演出が! これには、プロデューサーたちも驚いたことだろう。

 本ライブでは、アコースティックコーナーも設けられた。洲崎さんが『Voyage(Acoustic Version)』でその口火を切ると、牧野さんはメドレー形式にアレンジされた『エヴリデイドリーム~マイ・スイート・ハネムーン(Acoustic Version)』で歌声を響かせた。

 洲崎さんは楽曲後に、アコースティックバージョンは原曲よりも音数が少なくなることから、観客ひとりひとりに届くことを意識して歌ったと語った。また牧野さんは、メドレー形式ということで、自身の中でストーリー性を持って臨んだそうだ。

 さて、アコースティックコーナーで会場の熱気が収まり、しっとりした雰囲気に包まれたかに思えたが、その空気を一変させたのが千菅さん、佐藤さん、ルゥさんによる『夏恋 -NATSU KOI-』。これで再びプロデューサーたちに火が入ると、“new generations”(大橋さん、福原さん、原紗友里さん)による新曲『Great Journey』がサプライズ披露され、プロデューサーたちの驚きと興奮を掻き立てた。さらに、ゲストメンバーの中澤さん、星希さん、そして原紗友里さん、渕上さんによる『Sun!High!Gold!』も披露された。


 ライブは後半戦に突入。まずは、ピンクチェックスクール(大橋さん、種崎さん、津田さん)より、可愛さ満点の『Palette』が披露されると、“*(Asterisk)”(高森さん、青木瑠璃子さん)による『Twilight Sky』、内田さんによる『夢幻ノ救憐唱 ~堕チル星ノ調ベ~』、新田さん、青木志貴さん、村中さん、千菅さん、種崎さんによる『Max Beat』、“VelvetRose”(佐倉さん、関口さん)による『Fascinate』、“ダークイルミネイト”(内田さん、青木志貴さん)による『双翼の独奏歌』がノンストップで続く。


 いよいよ、ライブはラストスパート区間。花井さん、松田さん、原優子さんによる『毒茸伝説』、“エルドリッチ・ロアテラー”(千菅さん、桜咲さん)による『アンデッド・ダンスロック』、田澤さん、新田さん、嘉山さん、佐倉さん、関口さんによる『Absolute NIne』、三宅さん、高森さん、朝井さん、松田さん、洲崎さん、東山さんによる『∀NSWER』と、荒々しい楽曲が続き、会場のボルテージは留まるところを知らず、上昇し続ける。

 “Triad Primus”(福原さん、渕上さん、松井さん)による『Trinity Field』で会場が青く染め上げられたかと思えば、松田さんによる『紅』で会場が激しい赤一色に。楽曲に応じて、会場がコロコロと顔色を変えていくなか、『純情Midnight伝説』(金子さん、立花さん、千菅さん、津田さん、原優子さん、村中さん)で、会場の熱気は最高潮に達した。


 その後、『EVERMORE』を全員で歌い上げたところで、ライブ本編は終了。キャスト陣がステージはいったん、ステージを後にする。

 しかし、もちろんこれでは終わらない。アンコールの声に応えてちひろが登場し、業務連絡として、『シンデレラガールズ』の新たなライブの開催決定など、最新情報が多数届けられた。

※関連記事
『アイマス シンデレラガールズ』次回ライブが2020年9月に決定。『プリコネR』コラボや総選挙の開催も発表。『アイマス シンデレラガールズ』7thライブツアー大阪2日目発表まとめ
https://www.famitsu.com/news/202002/16192812.html

 そして、“レインボー・カラーズ”の衣装をまとったキャスト陣が再びステージに集結。4周年記念楽曲である『TRUE COLORS』を披露し、プロデューサーたちに改めて感謝の言葉を述べた。

 最後は、『シンデレラガールズ』たちがいっしょに歩んできた思いでいっぱいの楽曲『お願い!シンデレラ』を全員で歌唱。『アイドルマスター』シリーズのイベント恒例の「これからも、アイマスですよ、アイマス!」のコールを行い、“Glowing Rock!”2日目公演、そして7thライブツアーは無事幕を閉じた。

 『シンデレラガールズ』の東名阪をめぐる7thライブツアーは、こうして終わった。音楽ジャンル別公演は、『シンデレラガールズ』として初めての試みであり、挑戦的な内容に感じたが、各公演とも、趣向を凝らしたセットリストや演出により、プロデューサーたちを大いに楽しませていた。個人的には、最後が『お願い!シンデレラ』だったことも感慨深い。やっぱり『シンデレラガールズ』と言えば、この曲なのだ。

 アンコールでは、つぎの『シンデレラガールズ』のライブの開催も告知。さらなる活躍を続ける“シンデレラ”たちの今後に、これからも注目したい。

▼セットリスト
“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock!”公演2日目セットリスト(敬称略)

1.ガールズ・イン・ザ・フロンティア(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
2.Unlock Starbeat(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
3.Lunatic Show(朝井彩加、桜咲千依、金子真由美、松田颯水)
4.美に入り彩を穿つ(立花理香、ルゥティン)
5.Virgin Love(金子真由美、原優子)
6.OωOver!! -Heart Beat Version-(青木瑠璃子、高森奈津美)
7.Nocturne(佐藤亜美菜、東山奈央、花井美春、福原綾香、牧野由依、村中知、ルゥティン)
8.オウムアムアに幸運を(佐倉薫、松井恵理子)
9.義勇忍侠花吹雪(嘉山未紗、田澤茉純、新田ひより)
10.Gaze and Gaze(東山奈央、花井美春)
11.生存本能ヴァルキュリア(佐倉薫、佐藤亜美菜、洲崎綾、関口理咲)
12.Trust me(青木志貴、朝井彩加、桜咲千依、原紗友里、牧野由依、三宅麻理恵、渕上舞)
13.Voyage(Acoustic Version)(洲崎綾)
14.エヴリデイドリーム~マイ・スイート・ハネムーン(Acoustic Version)(牧野由依)
15.夏恋 -NATSU KOI-(佐藤亜美菜、千菅春香、ルゥティン)
16.Great Journey(大橋彩香、原紗友里、福原綾香)
17.Sun! High! Gold!(中澤ミナ、原紗友里、渕上舞、星希成奏)
18.Palette(大橋彩香、種崎敦美、津田美波)
19.Twilight Sky(青木瑠璃子、高森奈津美)
20.夢幻ノ救憐唱 ~堕チル星ノ調ベ~(内田真礼)
21.Max Beat(青木志貴、種崎敦美、千菅春香、新田ひより、村中知)
22.Fascinate(佐倉薫、関口理咲)
23.双翼の独奏歌(内田真礼、青木志貴)
24.毒茸伝説(花井美春、原優子、松田颯水)
25.アンデッド・ダンスロック(桜咲千依、千菅春香)
26.Absolute NIne(嘉山未紗、佐倉薫、関口理咲、田澤茉純、新田ひより)
27.∀NSWER(朝井彩加、洲崎綾、高森奈津美、東山奈央、松田颯水、三宅麻理恵)
28.Trinity Field(福原綾香、渕上舞、松井恵理子)
29.紅(松田颯水)
30.純情Midnight伝説(金子真由美、立花理香、千菅春香、津田美波、原優子、村中知)
31.EVERMORE(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
32.TRUE COLORS(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
33.お願い!シンデレラ(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

最終更新:2/16(日) 22:49
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ