ここから本文です

移動支援サービス「チョイソコ」 アイシン精機が実証実験へ

2/16(日) 11:00配信

レスポンス

アイシン精機は2月12日、高齢者などの移動支援サービス「チョイソコ」の実証実験を、岐阜県各務原市で2020年10月から実施すると発表した。

[関連写真]

「チョイソコ」は、複数の利用者の目的地や到着時刻の要望を専用システムが計算し、複数の人が乗り合わせた上で目的地まで効率的に送迎するデマンド型交通。地図上のルートの計算には、アイシングループ内で培ったカーナビゲーション技術を応用して開発した。

ドライバー不足などによる公共交通網が縮小している地域で、買い物や医療機関への通院など、高齢者などの移動手段の確保が社会課題となっとている。「チョイソコ」はこうした問題の解決に向け、医療機関や公共施設、フィットネス・スーパーマーケットなどの施設を結ぶ移動支援を行うサービス。2018年7月に豊明市と共同で実証実験を実施して、2019年4月から本格的に運行を開始している。

新たに実証実験を実施する各務原市は、自治体が運営する公共交通機関として、「ふれあいバス」「ふれあいタクシー」といったデマンド型交通が運行されているが、大型車両が通行できないエリアでの移動手段の確保などが課題となっている。

「チョイソコ」の導入ではタクシー業者、地域企業の協力を得て2020年10月に同市内の鵜沼南エリアで運行を開始する予定。運転手の効率的な確保や、スポンサー制による資金運用など、「チョイソコ」の特長を活かした持続可能なサービスの提供を目指す。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:2/16(日) 11:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ