ここから本文です

デヴィッド・O・ラッセル監督の新作にスター集結

2/16(日) 14:10配信

シネマトゥデイ

 『ブラックパンサー』のマイケル・B・ジョーダンが、デヴィッド・O・ラッセル監督のタイトル未定の新作映画に出演し、クリスチャン・ベイル、マーゴット・ロビーらと共演することが決まったと、The Hollywood Reporter などが報じた。

【動画】マイケル・B・ジョーダン主演最新作!『黒い司法 0%からの奇跡』予告編

 本作はディズニー・フォックス傘下のニュー・リージェンシーで製作される予定。ラッセル監督が脚本も執筆し、『デトロイト』を手掛けたマシュー・バドマンらと共に製作も担当する。撮影は4月開始予定。現状ストーリーの詳細は明らかにされていない。

 マイケルは、主演作『黒い司法 0%からの奇跡』が2月28日に日本公開予定。さらにソニー・ピクチャーズが手掛けるデンゼル・ワシントンの監督作『ジャーナル・フォー・ジョーダン(原題) / Journal for Jordan』の撮影が、今年の後半期に控えている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

画像:Dominique Charriau / WireImage / Getty Images、V E Anderson / WireImage / Getty Images、Stephane Cardinale - Corbis / Corbis via Getty Images

最終更新:2/16(日) 14:10
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ