ここから本文です

<紅ゆずる>「オーシャンズ11」ベネディクト役で舞台人生に変化 綺咲愛里“裏の顔”も暴露

2/16(日) 22:29配信

MANTANWEB

 元星組トップコンビの紅ゆずるさんと綺咲愛里さんが2月16日、WOWOWの番組「宝塚への招待」の副音声収録イベントに登場。収録後のトークで観客からの質問を受けるコーナーがあり、「今まで演じてきた中で一番好きな役は?」と聞かれた紅さんは「自分の中で舞台人生が変わったのは『オーシャンズ11』のテリー・ベネディクト」と明かし、「一人で戦わないといけなかった。役者としても、舞台としても、物語としても。自分に課せられる責任が役と重なった。自分がだめだと作品すべてを壊してしまうという思いがあった」と振り返った。

【写真特集】紅ゆずると綺咲愛里が顔を寄せ合い… ドキッとする仲良しカットも!

 同じ質問に綺咲さんは、紅さんと夫婦を演じた「ジャン・ルイ・ファージョン」を挙げ、「私の人生が変わった作品」と回答。理由を聞かれた綺咲さんだったが、横にいた紅さんから耳打ちされ、「おそれ多くも、奥さん役をやらせていただきまして。初めてのキスシーンを経験しました」と言わされ、赤面していた。紅さんは、当時について「あーちゃん(綺咲さん)がろう人形みたいだった(笑い)。どれだけ私が頑張っても、どこを見ているか分からなかった」と話していた。

 観客から「お互いの長所」も聞かれた紅さんは、綺咲さんについて「誰もが認める可愛さ、“頭身バランス”」などを挙げつつ、「可愛いけど、中身はサバサバしている。私は知っているんだぞ。私の前では『はい……。はい……』って(つつましやかな)感じなのに。下級生には『さゆみさん(紅さん)の上着っ! 上着を(取ってきて)!』とか、『ペン!! ペンっ、ペンっ、ペン(を取りに行け)!!』って。頼もしいんです(笑い)」と暴露。綺咲さんは、赤くなった顔を手で隠しながら「だって。さゆみさんが困っているんですよ。(下級生に取りに行けという意味で)『散れ!』って言いますよ(笑い)」と説明し、観客の笑いを誘っていた。

 この日は、紅さんと綺咲さんが、2月29日午前11時からWOWOWライブで放送される「宝塚への招待」内で紹介される「Killer Rouge」の副音声を公開収録。紅さんがナレーターを務める「宝塚プルミエール」も、同日午前10時半からWOWOWライブで放送される。

最終更新:2/16(日) 22:48
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事