ここから本文です

あの日、おつりを受け取ってくれなかったタクシー運転手さんへ

2/16(日) 7:03配信

BuzzFeed Japan

「おつりは結構です」

タクシーの運転手さんに伝えたら、「君たちからはまだ受け取れないよ。大事にしなさい」と断られた――。

お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹は、エッセイ集『どのみちぺっこり』(PARCO出版)にこんなエピソードをつづっている。

売れっ子芸人が明かした、ほろ苦い思い出の1ページ。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

140円のおつり「君たちからは…」

――本で書かれていたタクシーのお話は本当ですか?

本当です。千円渡して、140円のおつり。

「おつりは結構です」と言ったら、「申し訳ないけど…」って。「君たちからはまだもらえない。大事にしておけばいいよ」と言われました。

個人タクシーの運転手さんで、あの当時で50代ぐらい。元気でいらっしゃるんですかね…。

まだまだ若造?

――飯尾さんが何歳ぐらいの時の話ですか。

38歳とか、そんな感じですよ。

いまでも忘れません。五反田から、品川区役所の歩道橋のちょっと先まで行って。(相方の)やすと2人、石畳に座りこんじゃったんですよね。

「いやー。生意気で鼻についたんだな」

「こんな若造がさ」

「っていうか、38じゃねーか!」って(笑)

――大して若手でもない(笑)

若造でも何でもないですよ。28歳ならまだね。「俺たち、10年以上遅れてるんだな」と言って。

ダボダボの服

――運転手さんとしても、イラッとしたというよりは、芸人さんを応援する粋なはからいだったのかも…。

いやー。僕らの言い方が生意気だったんじゃないですか。

「あっ、おつり結構です」「何だ、お前?」みたいな。

先輩方のマネをそのまましてしまったのかもしれない。だから服のサイズが大きかったんでしょうね。もうダボダボ。本当に、そんなのばっかりですよ。

だけど、あの140円のおかげでコロッケが買えました。運転手さん、ありがとうございました。

関根さんに渡された回数券

――めっちゃいい話。

タクシーと言えば、15年ぐらい前こんなことがありました。

関根勤さんと映画を見た後、関根さんの家に行くことになったんです。「ちょっと寄るか?」と言われて、「ああ、いいですね」と。

「僕、いつも電車だよ」ってまず電車移動で。最寄りの駅から歩いて10分以上あるから、さすがにそこからタクシーかな?と思いきや、「はい、バスの回数券」って渡されて。

「関根さん、タクシー乗らないんですか?」と聞いたら、「いや、いまだに…」って。

これが仕事中だったら「タクシー!」って手を挙げてパパッと乗れる。でもプライベートだと、若いころのクセがあってタクシー乗るのに躊躇するって言うんですよ。

――あれだけのキャリアがあって、そういう風に思えるのがすごい。

はい。若いころ、交通費浮かせてご飯代に回すために、先行投資でスクーターを買って通ったとかとか。えっ!関根さんってそうなんだと。

1/2ページ

最終更新:2/16(日) 8:30
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ