ここから本文です

【京都記念】クラシック2、3着馬が好走の傾向 京大競馬研の注目の3頭は?

2/16(日) 6:00配信

SPAIA AI競馬

GI馬の信頼度はそこまで高くない

2月16日に京都競馬場で行われる京都記念(GII芝2200)。主役はクロノジェネシスとカレンブーケドールの4歳牝馬だが、この2頭に付け入るスキはあるのか。データとともに考えていく。

京都記念に役立つデータ

京都記念は、毎年有力馬の始動戦として選ばれることが多いためGI馬の出走数がある程度多く、過去5年でのべ11頭が出走している。しかし成績は1-1-4-5とGI馬の成績としてはやや物足りない。特に1着2着が少ないので馬連や馬単といった券種を買う際には注意が必要で、過信するのは禁物だ。

3歳時の成績がポイント

先述の通りGI馬の成績はそれほど良くないのだが、強い馬と戦ってきた馬の方が好成績なことには変わりない。とりわけ重要なのはクラシック競走での成績だ。クラシックで3着以内に入った経験のある馬の成績は過去5年で4-2-4-4とかなりの好成績を収めている。この傾向は特にここ4年になってからの方が顕著であり、重要視したいポイントである。さらにここ数年は1着2着にクラシック2、3着馬が入り、3着にGI馬が入っている年が多い(2016年、2017年が該当。2018年、2019年は1着馬がクラシックで2、3着、3着がGI馬)。この傾向は今年も続くのか見ものである。

また、クラシック良績馬以外で好走した5頭に関しても、全頭がクラシックに出走しており、ラブリーデイ以外の4頭は全てオープンクラスのレースを勝ってクラシックに臨んでいた。このように3歳時にクラシック戦線を賑わせているかどうかが非常に重要になってくる。

次に牝馬の成績を見ていく。牝馬の成績は過去5年で0-2-0-5と何とも言い難い成績。ただ、牡馬の有力馬が多く集まった2018年(皐月賞馬アルアイン、ダービー馬レイデオロ、菊花賞2着クリンチャーが出走)での4頭着外が成績を押し下げているのもあり、そこまで減点材料というほどのものでもない。

しぶとい馬が狙い目

過去5年の優勝馬はラブリーデイ→サトノクラウン→サトノクラウン→クリンチャー→ダンビュライトと切れ味鋭い馬というよりはしぶとく脚を伸ばすタイプである。これはこの時期に重たく力の要る馬場になることが多いからであると考えられ、特に馬場悪化が予想される今年は重馬場適性のあるしぶとい馬を狙いたい。

1/2ページ

最終更新:2/16(日) 6:00
SPAIA AI競馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ