ここから本文です

浜松日体高出身の池田向希、2位で東京オリンピック競歩20キロ代表内定ならず…次は3・15

2/16(日) 13:31配信

静岡朝日テレビ

陸上の東京オリンピック代表選考会を兼ねた日本選手権20kmキロ競歩で、浜松日体高出身の池田向希(東洋大)は山西利和(愛知製鋼)に敗れ2位となり、この大会での東京オリンピック内定とはならなかった。男子は派遣設定記録(1時間20分00秒)を満たした優勝者が代表に決まることになっていた。次の選考レースは3月15日に行われる全日本競歩能美大会。

池田は昨秋の世界選手権(ドーハ)で6位入賞と結果を残したが、五輪代表入りを逃した。静岡県勢の競歩選手では男子50kmで東洋大の同期で同郷の川野将虎(御殿場南高出)が既に東京オリンピックに内定している。

<結果>
1位 山西利和 (愛知製鋼)1時間17分36
2位 池田向希(東洋大学)1時間19分07秒
3位 高橋英輝(富士通)1時間19分53秒

最終更新:2/16(日) 16:29
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事