ここから本文です

北欧のワイン造り、新種ブドウで気候条件克服 味は「申し分なし」

2/16(日) 14:56配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【2月16日 AFP】北欧のワイン造りは、欧州の名高いシャトーワインが放つ華やかさには遠く及ばない。北欧は太陽が気まぐれな上、ブドウを栽培できる期間も短く、ワイン造りには多大な労力を要する。だが、最近は地球温暖化によって収穫量が増加傾向にあるという。

 数千年の歴史を誇る欧州大陸の畑とはかなり趣が異なるスウェーデンのブドウ畑で、ワイン醸造家のムレ・ソフラキス(Murre Sofrakis)氏(51)は夏の終わりのある日、自らが所有するブドウ畑を入念に見回った。

 地中海沿岸の出身であるかのようないかつい風貌と屈強な体格のソフラキス氏は、スウェーデン南部スコーネ(Skane)地方に2ヘクタールのブドウ畑を所有する国内屈指のワイン醸造家の一人だ。

 2001年にワイン造りを始めた当初は17品種のブドウを使って、100リットルのワインを製造した。「これはと思う品種が見つかるまでは時間がかかった。ここにはブドウ栽培の伝統がないので、一から学ばなければならなかった」

 ソフラキス氏は現在2軒の醸造所に携わっており、年間2万本を出荷している。これはスウェーデンのワイン生産量全体のほぼ3分の1にあたる。

 しかし、世界全体で見るとその量はほんのわずかにすぎない。スウェーデンでブドウ畑にされている土地はわずか100ヘクタールで、フランスの75万ヘクタールと比較するとその差は歴然だ。収益の面から見ても、仏ボルドー(Bordeaux)や米ナパバレー(Napa Valley)、南米アンデス山脈(Andes)とは比べものにならない。

 スウェーデン農民連盟(Federation of Swedish Farmers)によると、スウェーデンのワイン醸造家の2016年の平均年収は60万クローナ(約680万円)だったという。

■気温上昇と収穫高が比例

 北欧のワイン醸造家の大半は独学でワイン造りを学んだ素人だが、最近は海外から専門家を招き始めている。

 ソフラキス氏はより高品質のワインを製造するために、醸造責任者として31歳の中国人エノロジスト(ワイン専門家)を雇った。

 北欧の醸造所では主にソラリス(Solaris)という品種のブドウを使って白ワインを製造している。ソラリスはドイツの交配種で、スカンディナビア半島の寒冷な気候にも耐えられ短期間で成熟できる。

「(ソラリスは)病気にかかりにくいという意味でとても育てやすい。比較的丈夫だ」。デンマーク・コペンハーゲン大学(University of Copenhagen)教授で寒冷地帯でのブドウ栽培に詳しいトルベン・アンデルセン(Torben Andersen)氏はそう話す。

 厳しい気候条件でありながら、この地域のブドウ栽培は拡大している。スウェーデンブドウ生産者組合(Swedish Winegrowers' Association)幹部のスベネリック・スベンション(Sveneric Svensson)氏は、「(この傾向は)地球温暖化によるものではなく、気温が高くなくても成熟する新種のブドウのおかげだ」と話す。

 だが、地球温暖化はブドウの収穫高と関係している。例年にない夏の暑さに見舞われた2018年には、とりわけ収穫高が多かった。

 ブドウ栽培からワインの醸造までを手掛けるワインメーカーは、スウェーデンに約30社、南側の隣国デンマークには100社近くある。

■オーガニックワイン?

 欧州連合(EU)は特産品の品質を保証する「AOP(原産地保護呼称)」という表示制度を設けているが、北欧でその表示が認められているブドウ農家は、デンマークの「ドン(Dons)」のみだ。

 また北欧の多くのブドウ農園がオーガニックワインの生産をうたっているが、公式なオーガニック認定を受けるための手続きは煩雑で費用もかかるため、実際にボトルに認証ラベルを貼っている業者はほとんどいない。

 ビールやアクアビットの方が有名な国で造られるワインの味とはどんなものだろうか?

 ソムリエのマティアス・サーフェンバーグ(Mattias Safvenberg)氏によると「(スウェーデンワインの)ブラインドテストでは、95%の人が香りが良く、味もとても良いと答えた」という。

 カナダのブロック大学(Brock University)でブドウ栽培の研究を行うアンドリュー・レイノルズ(Andrew Reynolds)教授は「品質はすでに申し分ない。時がたつにつれてさらに向上するだろうし、他の品種を試すのもいい」と語っている。

 映像は2019年8月撮影。(c)AFPBB News

最終更新:2/16(日) 18:18
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ