ここから本文です

グリーズマン、あらぬ噂を解消「僕も家族もとても幸せ」

2/16(日) 11:55配信

SPORT.es

FCバルセロナ対ヘタフェ戦で先制点をマークしたアントワーヌ・グリーズマンは、チームの仕事に満足した。バルサはヘタフェのフィジカルコンタクトや数多くのファウルに苦しんだが、2-1で勝利している。

ヘタフェに辛勝のバルサ、際立つ者なき選手評価

試合後、ピッチ上で『Movistar Plus』のマイクに答えたグリーズマンは、本当にタフな試合だったと語った。

「ヘタフェは非常にうまくプレスをかけてくる、崩すのが難しいチームであることは分かっていた。僕たちは冷静さを保ち、試合をコントロールしてうまく進めようとしたが、より複雑で、苦しいゲームだった」と振り返った。

メッシのアシストからゴールを決めたグリーズマンは、ピッチ上での理解について、「ここに来て7ヶ月、まだお互いの動きを学ぶ必要もあるが、時間と共にさらに良くなる。僕たちはレオと一緒に働くことを楽しんでおり、より良くなるだろう」と語った。

バルサがスコアボードで2-1で苦しんでいたとき、グリーズマンは試合を決するゴール機会を逃した。
「右足でミスした。もっと右での精度を上げないといけない」と述べた。

最後に、『Movistar』のインタビュアーはグリーズマンにバルサで快適であるかどうか質問した。彼は楽しい時間を過ごしていないという多くの噂があったからである。
グリーズマンはこの疑念を解消している。
「僕も家族もとても幸せだし、ここで本当に楽しんでいる」

SPORT

最終更新:2/16(日) 11:55
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ