ここから本文です

大学時代出場はわずか1試合...。小山翔平(巨人)が望みをつなげる決勝打!

2/16(日) 20:00配信

高校野球ドットコム

 読売巨人は一軍、二軍で実戦が行われた。二軍は広島の二軍に快勝。その試合で決勝打を放ったのが小山翔平だ。

 東山高校時代は下級生時代から正捕手として活躍。2年生の時は6番捕手で京都大会で4強入り。

 最後の夏は5番捕手として試合出場するが、3回戦でその年、甲子園出場の福知山成美に敗れ、高校野球を終えた。

 そして関西大に進むが、出場はわずか1試合。ほとんど実績がない。またプロ入り後もほとんどが3軍での出場にとどまった。

 キャンプでは精力的にアピールし、一軍、二軍、三軍の振り分けでは、二軍に振り分けられた。そして初めての対外試合で決勝打。阿部二軍監督からも評価されており、今後もアピールを続けば、イースタンリーグで起用される機会も多くなるだろう。

 今年で大卒3年目。ここで結果を残さないと後がない立場。この一打をきっかけに上昇できるか注目だ。

最終更新:2/16(日) 20:00
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ