ここから本文です

2月中は1日100球以上投げ込むな! ブルージェイズの山口俊が韓国人左腕柳賢振から金言

2/16(日) 15:58配信

中日スポーツ

 ブルージェイズと2年総額635万ドル(約6億9900万円)で契約した山口俊投手(32)はキャンプ3日目の15日、昨季ナ・リーグで最優秀防御率に輝いた韓国人左腕・柳賢振(32)とキャッチボール。開幕へ向けた調整法について金言を授かった。

【写真】早く公式戦のマウンドでこの姿を見たい

 韓国の聯合ニュース(電子版)によると、メジャー初キャンプだった2014年に調整に苦しんだことを引き合いに出され、「キャンプでは入れ込みすぎずに練習量を調整すること。2月の間は、100球を投げ込んだりしないように」とアドバイスされた。

 柳賢振はドジャースで通算54勝33敗1セーブ。昨季はリーグトップの防御率2・32をマークした。その年に初選出された球宴では先発を務め、サイ・ヤング賞投票でも2位に食い込んた。昨季オフにドジャースからFAとなり、ブルージェイズと4年8000万ドル(約88億円)で契約した。

 山口自身は、04年に横浜(現DeNA)でプレー経験があるウォーカー投手コーチについて「日本のことを分かってくれている。投げ込みたいと話をしていて、しっかり理解してもらっている」と語り、日本スタイルのまま、きっちり球数をこなす方針を明かした。

最終更新:2/16(日) 15:59
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ