ここから本文です

「干す時に傾かない、カインズの洗濯ハンガー」が優秀すぎる…プチストレス解消!

2/16(日) 21:16配信

LIMO

洗濯物は自分で外干し・部屋干し派の方もまだまだ多いのではないでしょうか。何気なく干している洗濯物ですが、ピンチつきの洗濯ハンガーに下着や靴下などを干すとき、重さのバランスが取れずイライラしてしまうことってありますよね。

また、この洗濯ハンガーが傾いたままだと風通しがわるく干したものがきちんと乾かないことも。そんな毎日のちょっとしたストレスを解決してくれる洗濯ハンガーがカインズの「干す時に傾かない 大きな洗濯ハンガー」です。

洗濯物を干すときにイライラする理由

洗濯物をきちんと乾かすにはスペース・干し方など気をつけるべき点があります。しかしこれらは洗濯物の量や種類によって上手くいかないことがあり、干す人のストレスにつながっていることも。

ここからは洗濯物を干すときにイライラする理由2つをお伝えします。

 洗濯物が多い日は干す場所が足りない

外干しをするとき、洗濯物が多い日だと干すスペースが足りないことがありますよね。物干し竿に家族分のバスタオル、ボトムなどを干していくとあっという間にスペースが埋まってしまいます。

部屋干しの場合はさらにスペースの問題が深刻で、限られたスペースにいかに上手く洗濯物を干せるかを計算しなければいけません。わが家では洗濯物が多い日、結局干しきれず乾かすのをあきらめたことがあります。

 洗濯物を干すときに洗濯ハンガーが傾く

ピンチつきの洗濯ハンガーに靴下や下着・ハンカチなどの小物を干すとき、バランスを見ながら干さなければ傾いてしまいますよね。このバランスを考えて干す作業が地味にストレスだという方が意外と多いんです。

また洗濯ハンガーが傾いたままだと、洗濯物同士の間に風が通りにくくなるため洗濯物が乾きづらくなります。洗濯物は空気に触れる面が多いほど早く乾くため、風通しをよくしておく必要があります。そのためには傾きをなくし、水平に洗濯物を干す必要があるのです。

カインズの洗濯ピンチが優秀な理由3つ

カインズの洗濯ハンガーは洗濯物が多い・部屋干し外干し派の方の強い味方です。この洗濯ハンガーを使えば洗濯物を干すスペースの確保と洗濯物の乾きやすさの両方をサポートしてくれます。

 本体が3つのフックで傾かない

一般的なピンチつき洗濯ハンガーのフックは1つですが、カインズの「干す時に傾かない 大きな洗濯ハンガー」はフックが3つ。1つは真ん中、あとは左右の端にフックが付いています。そのため右側にだけ洗濯物を干してもまったく傾きません。

洗濯ハンガーが傾いてしまうと、洗濯物の間に風が通りにくくなりその結果乾きにくくなります。洗濯物を干すときにバランスを考えて干すのは意外とストレスに感じるもの。このフックが3つついているだけで、日々のちょっとしたストレスから解放されますよ。

 ジーンズも干せるしっかりしたピンチがある

干す時に傾かない 大きな洗濯ハンガーのピンチは全部で60個。そのうち36個はレギュラーピンチ、24個はフラットピンチです。洗濯物をがっちりはさめるレギュラーピンチはジーンズやバスタオルなど丈夫なものを干すのに向いていて、きれいに干せるフラットピンチは下着やストッキングなど繊細な衣類を干すときに使います。いろんな種類の衣類を一度に干すことができて、とても便利ですよ。

 60センチのビッグサイズでたくさん干せる

カインズの「干す時に傾かない 大きな洗濯ハンガー」は横幅が約93cm。ピンチの数も60個とかなり多いため大量の洗濯物が干せます。5人家族で洗濯物が多いご家庭では「この洗濯ハンガーを2個づかいしていて、この商品でないと厳しい」という高評価の口コミもありましたよ。

この洗濯ハンガーならジーンズもバスタオルも干せるので、物干し竿に直接衣類を干すよりも省スペースになります。たくさん干しても水平を保ってくれるため、衣類の間に風が通り洗濯物が乾きやすいですよ。

まとめ

洗濯は毎日のことなのでなるべくストレスは感じたくないですよね。カインズの干す時に傾かない 大きな洗濯ハンガーなら干すスペースの問題とハンガーが傾くイライラから解放されますよ。

花粉などで部屋干しが増えるこれからの季節にも役立つはずです。この洗濯ハンガーを活用して快適に洗濯物を干してくださいね。

中島 さち

最終更新:2/16(日) 21:16
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ