ここから本文です

節約志向が強まる中、私だけ「お金が貯まらない」!?タイプ別にみる「貯蓄の第一歩」

2/16(日) 19:16配信

LIMO

お金を貯めることが苦手な人がいきなりハードルの高い貯金計画を立てても、そううまくはいかないはず。ストレスだけ溜まり、「やっぱり私に貯金なんて無理なんだ」と自信を失ってしまうかもしれません。

貯金をするうえで大切なのは、自分に合ったステップで取り組むことです。まずは手軽に始められる貯蓄から取り組み、スムーズに進めていきましょう! 

タイプ別にみる「貯蓄の第一歩」

貯金ができない理由は、人によってさまざま。そこで、タイプごとの特徴と、その人にあった改善方法をご紹介します。

 お金の価値を低く見ているタイプ

「どうしてこんなものを買ってしまったんだろう」「もっと安く買える店があったのに」と後悔することが多い方は、お金の価値を低く捉えている可能性があります。

無駄遣いを減らし、支出を抑える工夫が必要です。「買い物は週2回まで」「1週間で自由に使えるのは1万円以内」など、ルールを決めてみましょう。

 生活費が高すぎるタイプ

「外食が多い」「毎月の水道代や光熱費がいくらか把握していない」という方は、生活費を見直す必要がありそうです。月々のスマートフォン(スマホ)代や光熱費などをリストアップし、収入とのバランスをチェックしてみましょう。安いプランへ乗り換える、自炊の頻度を増やすなど、負担にならない程度の対策をするだけでも、支出を抑えられるはずですよ。

 貯金の計画が定まっていないタイプ

貯金の目的や計画が決まっていない状態だと、どうしても貯蓄のスイッチが入りにくくなりがちです。今後のライフプランから、どの時期にいくら必要になるのかを計算してみましょう。結婚、出産、教育費、住宅購入費などを計算すれば、「〇歳までにこれだけ貯めるぞ」とモチベーションが向上するでしょう。

 自分にあった貯金方法を掴めていないタイプ

「毎月の貯金額に波がある」「収入はあるのに、給料日前になるとお金が残らない」という場合は、どう貯金すればいいのかを掴めていないと考えられます。毎月の貯金額を決めておく、先取り貯金をして使う前にお金を確保しておくなど、自分に適した手段で貯金を増やしていきましょう。いくつかの手段を並行して行なう、貯金のペースを少しずつアップさせるなど、様子をうかがいながら調節することも大切ですよ。

1/3ページ

最終更新:2/16(日) 19:16
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ