ここから本文です

『伝説のお母さん』シングルマザーMEGUMIと8歳息子の関係性に反響「泣けた」「刺さる」

2/16(日) 12:14配信

クランクイン!

 女優の前田敦子が主演を務めるドラマ『伝説のお母さん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)の第3話が15日に放送され、MEGUMI演じるシングルマザーの盗賊・ベラとその息子・ベルとの関係性に「ベルくん、良い子だ…」「泣けたー」「なかなか刺さるなぁ…」など多くの反響が寄せられている。

【写真】家事を完璧にこなすベラ(MEGUMI)の息子ベルくん


 本作は、かねもと原作の同名コミックをドラマ化。待機児童、ワンオペ育児など”無理ゲー”な問題山積みの子育てを、「ファンタジーなのにリアル」に描くロールプレイング(RPG)子育てストーリー。

 子連れでの冒険が失敗続きで落ち込むメイ(前田)は、士官・カトウ(井之脇海)から「ベラさんがパーティーを抜けると言ってる」と聞かされる。ベラは、男社員ばかりの盗賊会社で新しいプロジェクトのリーダーを任されることになり、8歳の息子ベルをメイに預けることに。「本当に手がかからない子だから」とベラが言う通り、ベルはものすごい包丁さばきでご飯を作ったり、ゴミ捨てしたり、トイレ掃除したりと、完璧に家事をこなす子どもだった…。

 率先して家事ばかりするベルの姿を見て「遊びに連れて行ってあげたい」と言い出すメイ。「だって可哀想じゃないですか」というメイの言葉がベラに突き刺さる。また会社の同期の男性にも「息子に家事とかやらせてんの?」「可哀想」と責められるベラは、「うちにはうちの考えがあってやってるの!」とムキになる。そんな中、上司からプロジェクトリーダーを解任すると告げられるベラ。同期からは「そこまで働くことないだろ、お前、女なんだから」とまで言われる。怒り心頭のベラが居酒屋で愚痴っていると、メイからベルが行方不明になったとの電話が。ベラたちが必死になって捜索するもなかなか見つからない中、なんとベルはベラの会社にいた。メイの魔法がベラの仕事に役立つと考えたベルは、そのことを提案するために母の会社に来ていたのだった…。

 視聴者からは、ベラとベル親子の関係性について多くの反響が寄せられた。「ベルくん、良い子だ…」「ベルくん有能すぎやろ!」「ベルくんできた子すぎる、、」といった声から、「なかなか刺さるなぁ…いろんな形があるよなぁ…」「子育て事情は各家庭それぞれなんだよね。子どもはこうあるべきなんてないのよね」「父母と母子の違いだけで構図は同じ。仕事する人家事する人。押し付けなのか役割分担なのかは家族それぞれ」「ベラさんのかっこよさと苦悩、ベルくんのお母さんを思う心にぐっときました」など、ドラマを見て考えさせられるという意見が相次いでいる。

最終更新:2/16(日) 12:14
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ