ここから本文です

バトン、2020年はベッテルとルクレールの関係が改善すると予想「メルセデスF1と戦うことに集中できるようになる」

2/16(日) 8:05配信

オートスポーツweb

 元F1ドライバーのジェンソン・バトンは、フェラーリのドライバーであるセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは、2020年はともに協力しあい、チームとしてメルセデスを倒すことに集中するだろうと考えている。

元F1ドライバーで、昨シーズンまでは日本でも活躍を見せていたバトン

 ルクレールは、フェラーリでの初年度だった2019年シーズン、ベッテルをチャンピオンシップで上回り、F1キャリアにおける初優勝を含む2勝を挙げた。さらには全ドライバー中、最多のポールポジションを獲得している。

 一方でふたりの間では一触即発の事態が何度か起きており、ブラジルGPでは同士討ちを起こし、その結果ふたりがともにリタイアするという、大きな代償を支払うことになってしまった。

 しかしバトンは、ふたりが2019年の失敗から学び、今シーズンは結託してライバルたちに挑むものと考えている。

「昨年はふたりとも、チーム内での立場を探っていたのだと思う」とバトンは『Sky Sport』に対して話した。

「新たにシャルル・ルクレールが加入してきて、誰よりも多くのポールポジションを獲得した。一方でセバスチャン・ベッテルは4度の世界チャンピオンだ」

「ふたりとも非常に才能のあるドライバーだ。最初の1年を終えた今、彼らは互いに競い合うだけでなく、チームとしてメルセデスと戦うことに本気で集中できるようになるだろう」

 ルクレールはフェラーリと長期契約を結んだ期待の星であり、ベッテルは4度のF1世界チャンピオンであり、キミ・ライコネンがチームメイトだった時代には一貫して優位に立っていた。このふたりをうまく管理するのは至難の業であると思われる。

 バトンは、フェラーリはドライバーたちをうまく管理するために力を尽くす必要があると考えている。

「難しいだろうが、しっかり管理しなければいけない。昨年はフェラーリ内がうまく機能していなかった時期があったように感じる」と2009年のF1世界チャンピオンであるバトンは語った。

「セバスチャンは、今やチームメイトがどれだけ速いかを理解しているし、今年は彼らの関係性はかなり良くなると思う。ふたりがお互いを倒したいと思っているのは明らかだが、このペアは非常に強い」

「マシンのセットアップに関しては、セバスチャンが優れているようだ。彼は誰よりもエンジニアと長く時間を過ごしてセッティングを微調整する」

「自分のチームに若手がいることに、経験豊富なドライバーが苦痛を感じることがある。マクラーレンでフェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンがチームメイトだったときがそうだ」

「しかし一度それを乗り換えて、対等な存在として見ることができるようになれば、まったく違うものになる。そうなればうまくいくと思う」

「彼らもそうなるといいね。なぜならそれはチャンピオンシップにおいて、とても重要なことだから」

[オートスポーツweb ]

最終更新:2/16(日) 8:05
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ