ここから本文です

クロップ監督、2年間CL出場不可のマンCに同情「ペップ達は何も悪いことを…」

2/16(日) 7:33配信

SOCCER KING

 リヴァプールのユルゲン・クロップが、マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督について言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が15日に伝えている。

 マンチェスター・CはFFP違反により、2020-2021シーズンと2021-2022シーズンにおいて欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会への出場が禁止となった。これを受けて、クロップ監督はノリッジ戦(1-0で勝利)を終えてマンチェスター・Cについて言及した。

「聞いた時はショックだった。この件がどのようにして起きたのかは分からない。だが、フットボールの監督として言えることは、ペップのマンチェスター・Cがセンセーショナルなフットボールをしているということだ。このように言えるのは当然のこと。私は彼や彼らがしてきたことをいつも称賛してきたよ」

「次に何が起きるかは分からない。正直言って、ペップとマンチェスター・Cの選手達は間違いなく何も悪いことをしなかったから、センセーショナルなサッカーをしただけだ。ペップが何であれ、彼は各リーグを改善するのを助けてきた。それでも、我々全員はいくつかのルールを尊重しなければならない」

SOCCER KING

最終更新:2/16(日) 7:33
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ