ここから本文です

別子銅山 煙害克服の道 新居浜で歴史たどる企画展

2/16(日) 16:50配信

愛媛新聞ONLINE

 100年以上前の明治時代。別子銅山の銅の製錬所から出る煙が愛媛県新居浜市の田畑を覆い、農作物を枯らした。1893年には農民総代が煙害を県に提訴する事態に発展した。
 この煙害に焦点を当てた企画展「スゴイ大解決 別子銅山の煙害をゼロへ」が同市坂井町2丁目のあかがねミュージアムで開かれている。問題を克服するまでの過程を分かりやすく解説している。3月8日まで。

愛媛新聞社

最終更新:2/16(日) 16:50
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ