ここから本文です

鹿島ルーキー松村優太、デビューから9分で一発退場…名古屋GKランゲラックは激昂

2/16(日) 16:19配信

ゲキサカ

[2.16 ルヴァン杯グループA第1節 名古屋1-0鹿島 パロ瑞穂]

 鹿島アントラーズのMF松村優太(←静岡学園高)が公式戦デビューからわずか9分で一発退場を命じられてしまった。

 今冬の全国高校サッカー選手権で静岡学園高の優勝に貢献し、2020年シーズンから鹿島でプロ生活をスタートさせた松村。16日に敵地で行われたルヴァン杯グループA第1節・名古屋戦(●0-1)の後半36分にピッチへ送られ、公式戦デビューを果たした。

 しかし、1点を追いかける後半45分にドリブルでPA内に進入し、流れたボールに滑りながら右足を伸ばした際、先にキャッチした名古屋GKランゲラックと交錯してしまう。足裏を向けられて接触したこともあってランゲラックが激昂し、両チームの選手たちが止めに入る中、主審に呼び出された松村はレッドカードを提示された。

 数的不利に陥った鹿島はそのまま敗戦。松村にとってはホロ苦いデビュー戦となった。

最終更新:2/16(日) 20:54
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事