ここから本文です

石川佳純、決勝で2戦連続の日本人対決へ 女子Wは芝田・大藤が制す<卓球・ポルトガルオープン>

2/17(月) 1:05配信

Rallys

<ITTFチャレンジプラス・ポルトガルオープン 2020年2月12日~16日>

16日、ポルトガルオープン大会5日目、女子シングルスの準決勝で石川佳純(全農)が加藤美優(日本ペイントホールディングス)をゲームカウント4-2で下し、決勝進出を決めた。もう1試合の準決勝では芝田沙季(ミキハウス)が鄭先知(ジェンシェンチー・チャイニーズタイペイ)に勝利しており、決勝は日本人対決となった。

【写真】女子複で優勝果たした芝田沙季・大藤沙月

また、女子ダブルス決勝では、芝田沙季(ミキハウス)/大藤沙月(ミキハウスJSC)がPARANANG Orawan/サウェータブット・スターシニー(タイ)を寄せ付けず、3-0で完勝し、先日のスペインオープンに続き優勝を飾った。

石川が加藤に逆転勝利 芝田も決勝へ

ここまで全試合ストレートで勝ち上がってきた加藤は、石川戦でもその勢いが止まらない。しゃがみ込みサーブや巻き込みサーブからの積極的な攻めを見せ、2ゲームを連取した。

第3ゲーム、加藤が逆チキータから先手を奪おうとするも、石川が安定したバックドライブでラリーに持ち込む。そのまま石川が11-7で1ゲームを取り返した。第4ゲーム以降も石川がラリーで粘り、そこから3ゲームを連取。日本人対決を制し逆転で決勝進出を決めた。

勝利した石川は、決勝で芝田と対戦する。直近の国際大会では、2019年の韓国オープンで対戦があり、その際は石川がゲームカウント4-1で勝利を収めている。ポルトガルの地で栄冠を掴むのはどちらか。

詳細スコア

<女子シングルス準決勝>
〇石川佳純 4-2 加藤美優
5-11/3-11/11-7/11-6/11-6/11-8

〇芝田沙季 4-1 鄭先知(チャイニーズタイペイ)
11-8/11-7/5-11/11-5/14-12

<女子ダブルス決勝>

〇芝田沙季/大藤沙月 3-0 PARANANG Orawan/サウェータブット・スターシニー(タイ)
11-5/11-4/11-8

ラリーズ編集部

最終更新:2/17(月) 1:05
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ