ここから本文です

富山など9県アンテナショップの料理店、初公開レシピ一冊に 「富山はま作」浜守代表「家庭で作ってみて」

2/17(月) 0:46配信

北日本新聞

 日本橋とやま館内の「富山はま作」など、都内にある各県アンテナショップのレストランの料理人が、地元食材を生かした調理法を紹介する「人気アンテナショップ料理長のとっておき初公開レシピ」が発売された。ぶりしゃぶ、白えびそうめんなど10品を提案する富山はま作の浜守淳代表(49)=射水市新湊地域出身=は「出し惜しみせず公開した。興味あるものをぜひ家庭で作ってほしい」と話している。

 出版したのは世界文化社(東京)。地方の食材が手に入りやすくなっている一方で「家庭でどう食べたらいいか分からない」との声があるため、各店の料理長においしい食べ方を紹介してもらおうと企画した。原田敬子編集開発部長は「都内のアンテナショップや併設レストランの中で、文化に裏打ちされ、質の高い9店を取り上げた」と言う。

 浜守さんが紹介するのは、富山らしさのある「ぶり大根」や「白えび南蛮サラダ」「かにの天ぷら」など。できるだけ店舗と同じ味になるよう、分量や作り方に加え、一言アドバイスも添えている。「おいしい料理を通じ、富山のアピールにもつながればうれしい」と語る。

 A5判159ページで1400円(税別)。富山以外に山形、山梨、福井、三重、徳島、高知、広島、大分の8県の店を紹介している。

最終更新:2/18(火) 12:02
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ