ここから本文です

妻夫木聡、撮影前に夏帆と料理 型破りな役づくりの理由

2/17(月) 7:16配信

シネマトゥデイ

 直木賞作家・島本理生の長編小説に基づくR15+指定の映画『Red』(2月21日公開)でヒロインのかつての恋人にふんし、大人の色香を漂わせた妻夫木聡。『悪人』(2010)、『怒り』(2016)など型にはまらない役づくりをすることで知られる彼が、『Red』で主演の夏帆と共に試みた独特のアプローチを明かした。

夏帆&妻夫木聡共演『Red』予告編

 『悪人』では吉田修一の小説を読み、「この役をやりたい」と役者人生で初めて熱望した妻夫木。だが、リハーサルで何度も李相日監督からダメだしされ、「主人公・祐一の気持ちで動けるようになるまで、自分を追い込む役づくりをした」と撮影当時を振り返る。以後、役に対する向き合い方が劇的に変わり、それはここ10年、彼が出演する作品にも如実に表れている。直木賞作家・島本理生がセンセーショナルな描写で描いた官能小説を、『幼な子われらに生まれ』(2017)などで国内外の注目を集めた三島有紀子監督が映画化した『Red』でも、妻夫木はこれまで見せたことのない表情を見せている。

 映画『Red』は、誰もがうらやむ夫、幼い娘と、平穏な生活を送っていた主人公・塔子(夏帆)が、かつて愛した鞍田(妻夫木)と10年ぶりに再会。鞍田は家族のために自分を押し殺していた塔子の身も心も、少しずつ解き放っていく。衣装合わせの際、妻夫木は私服を持参。「僕が考えた鞍田は、ジャケットのシルエットも、窮屈すぎないけどルーズ過ぎないイメージ。これといった特徴があるわけではないんだけれど、品があって、全く印象に残らないっていうわけでもないというか」。本編で鞍田が着る黒のタートルネックの衣装は、妻夫木の私服からインスピレーションを受けているという。

 塔子と鞍田の会話自体は決して多いわけではなく、それゆえに情熱を秘めた二人の濃厚な関係を観客に印象付けなければ、この物語に説得力は生まれない。だが二人のスケジュールはなかなか合わず、妻夫木は「短い時間の中で二人の関係を構築するのは相当難しかった」と振り返る。

1/2ページ

最終更新:2/17(月) 12:46
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事