ここから本文です

コロナウィルスの影響で「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」の中国プレミアが中止に

2/17(月) 17:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]コロナウィルスによる新型肺炎の蔓延の影響を受けて、大ヒットシリーズ最新作「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」(キャリー・フクナガ監督)の中国プレミアが中止になったと、米Deadlineが報じている。

 シリーズ通算25作目でジェームズ・ボンド役を通算5回演じたダニエル・クレイグの卒業作品となる「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」は、同作の世界公開を前に、北京でのワールドプレミアをはじめ、中国各地で宣伝プロモーションを行う予定だった。しかし、新型肺炎が猛威をふるい、中国国内の大半の映画館が無期限閉鎖となったため、中国での宣伝プロモーションがすべて中止された。

 なお、前作「007 スペクター」の世界累計興収8億8100万ドルのうち、8400万ドル近くが中国からの興収だったため、このまま「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」の公開が見送られることになれば、製作陣にとって痛手となりそうだ。

 映画は、現役を退き、ジャマイカで平穏な暮らしをしていたボンド(クレイグ)のもとに、旧友のCIA局員フェリックス・ライター(ジェフリー・ライト)が助けを求めてくるという物語。「007」シリーズベテランのニール・バービス&ロバート・ウェイドによる脚本を、スコット・Z・バーンズ(「ボーン・アルティメイタム」)とフィービー・ウォーラー=ブリッジ(「Fleabagフリーバッグ」)がリライトしている。

 「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」は、4月10日に公開。

最終更新:2/17(月) 17:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事