ここから本文です

ツァイ・ミンリャン監督が自作の詩句を歌い上げる 5年ぶりの新作「あなたの顔」予告完成

2/17(月) 21:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]ツァイ・ミンリャン監督による新作ドキュメンタリー「あなたの顔」のポスタービジュアルと予告編が、このほどお披露目された。

【動画】「あなたの顔」予告編

 第70回ベネチア国際映画祭審査員特別大賞を受賞した長編第10作「郊遊 ピクニック」で商業映画からの引退を公言したツァイ監督。5年ぶりに発表した本作は、台湾に暮らす市井の人々と、俳優、監督のリー・カンションが出演するドキュメンタリーだ。第75回ベネチア国際映画祭でワールドプレミア上映され、台北電影節で最優秀ドキュメンタリー賞と監督賞、音楽賞を、金馬奨で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞している。

 カメラの前で自由に話し、動く登場人物の顔を、クロースアップと洗練されたライティングによって細部まで映し出す――目や口元、そしてそれぞれに刻まれた皺が、人々の生きてきた時間を象徴するような作品となっている。また、長編第2作「愛情萬歳」以降、既成楽曲のみを使用してきたツァイ監督にとって、24年ぶりとなるオリジナル劇伴を坂本龍一が担当している。

 ポスタービジュアルは、暗闇に浮かび上がる13人の“顔”をとらえたもの。一方、予告編では、ツァイ監督が本作のために書き下ろした楽曲「有一點光」をバックに、語り手のうち10人が登場。台北で“顔”を探していた際に頭に浮かんだという詩句を、ツァイ監督自ら歌い上げている。

 「あなたの顔」は、4月からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。第70回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に、11作目の長編劇映画「日子(原題)」が選出され、改めて世界における注目度の高さを示したツァイ監督。自ら歌い上げた詩句について、以下のコメントを残している。

▽ツァイ・ミンリャン監督コメント

台北の道で、撮影する『顔』を探していたとき、ある詩句が頭に浮かびました。
それを書き留めたのが、こちらです。

光があり、物語がある。
あなたの顔が語るのは、あなたがこれまで旅してきた時間や場所。
あなたの目に映るのは、混乱と寂しさの色。

光があり、物語がある。
あなたの顔が語るのは、愛と、その隠れ場所。
あなたの目に映るのは、輝きと暗闇。

これが、この映画の意味です。

最終更新:2/17(月) 21:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事