ここから本文です

地下鉄職員自殺、嫌がらせ認定 名古屋市が敗訴

2/17(月) 21:30配信

共同通信

 名古屋市営地下鉄の男性職員=当時(32)=が2015年4月に自殺したのは、職場の先輩によるパワーハラスメントでうつ病を発症したことが原因として、母親が同市に計約9千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁は17日、約7300万円の支払いを命じた。

 井上泰人裁判長は「継続的な嫌がらせに、行き過ぎた業務上の指導が加わりうつ病の影響下で自殺に至った」と指摘。「先輩の問題ある言動は管理職に伝わっており、市は行き過ぎた指導を回避する義務があった」と結論付けた。

 市交通局は「ご冥福をお祈りし、お悔やみ申し上げる。判決文を精査し、適切に対応していく」とした。

最終更新:2/17(月) 21:46
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ