ここから本文です

坂口健太郎、ネタバレ危機に大焦り「汗かきました」 永野芽郁にダマされる

2/17(月) 19:45配信

オリコン

 俳優の坂口健太郎、女優の永野芽郁が17日、都内で行われた映画『仮面病棟』(3月6日公開)のジャパンプレミアに登場。ドッキリに引っかかった坂口は「汗かきました」と苦笑いした。

【動画】坂口健太郎らキャスト陣にウソ発見器で質問する永野芽郁

 イベントではウソ発見器を使っての“実験”として、永野が質問役になり、誰がウソをついているかを調べることに。坂口には「ズバリ、仮面病棟のピエロは私である」と物語の核心に迫る質問が行われた。大きく溜めた後に坂口は自身たっぷりに「いいえ」と返答。しかし、波形は大きく揺れ動き“ウソ”と診断された。坂口が「ウソでしょ?」と焦ると、木村ひさし監督も「ネタバレしないでもらっていいですか?」と苦笑いを浮かべるばかりだった。

 ただ、実は、このウソ発見器自体がニセモノだったことが明かされ、永野はしてやったりの表情。スタッフが操作していた波形と知ると坂口は「なんだよ…。ビックリしました。ホントに汗かきました」とドッキリに悔しげな顔をしていた。

 また、誰にも明かしていない秘密についてもフリップで発表。内田理央は「ほぼ床で寝ている」とセルフ暴露し「美容に気をつけているみたいなことを言っているんですけど、毎日、床で寝ています」と照れ笑い。坂口が「それ、仕事に影響が…」とツッコまれると、内田は「今、床暖房がある季節で…。毎日、床で寝ちゃって、すごく腰が痛くて困ってます。床LOVEってワケではないんですけど、ベッドで寝たい気持ちは眠気でどこかに行ってしまう。床暖の上で朝、カラッカラで起きます」と“悪癖”を正直に打ち明けていた。

 映画はシリーズ累計発行部数100万部を突破した知念氏のベストセラーミステリー小説が原作。ピエロの仮面をつけた凶悪犯に病院を占拠され、一夜限りの当直医・速水(坂口)と凶悪犯に撃たれた女子大生・瞳(永野)が監禁される。密室と化した病院から脱出を試みる2人は、次から次へと病院の不可解な異変に遭遇する。

 ジャパンプレミアには大谷亮平、高嶋政伸も参加した。

最終更新:2/19(水) 11:26
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ