ここから本文です

確定申告始まる 田辺税務署、初日から混雑

2/17(月) 16:35配信

紀伊民報

 2019年分の所得税の確定申告が17日、全国の税務署で始まった。和歌山県田辺市上屋敷2丁目の田辺税務署では朝から多くの納税者が手続きに並び、混雑した。

 対象となるのは、自営業や農業といった個人事業者や、医療費控除をする人ら。訪れた納税者は、税務署の職員から助言を受けながら、用意されたパソコンや自身のスマートフォンを使って申告をした。

 所得税や贈与税の申告期限は3月16日、消費税は31日まで。田辺税務署では混雑の状況によって長時間待つ場合があり、担当者は「例年たくさんの方が来場し、特に3月に入ると大変混雑する。早めの申告をお願いします」と呼び掛けている。

 同署は期間に合わせて3月16日まで、相談会場も開設している。受付時間は午前9時~午後4時。土、日曜や祝日を除く午前8時半~午後5時には電話相談(0739・22・1250)も受け付けている。

 国税庁では、パソコンやスマートフォンを使ってインターネット上で確定申告ができる仕組み「e―Tax」も導入している。

紀伊民報

最終更新:2/17(月) 16:35
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ