ここから本文です

亀と山P 初のドームツアー 5月京セラドーム大阪、6月東京ドーム アルバムも制作中

2/17(月) 4:00配信

中日スポーツ

 アイドルグループ「KAT―TUN」の亀梨和也(33)と、歌手で俳優の山下智久(34)によるスペシャルユニット「亀と山P」が、結成15周年を記念して5月9、10日に京セラドーム大阪、6月13、14日に東京ドームでコンサートを開催することが決まった。この初のドームツアーに向けて現在、初のアルバムを制作中で、今春にリリース予定。2人が夢舞台に向けての意気込みを語った。

【写真】田中みな実がキス!?

 亀梨と山下は2005年に「修二と彰」のユニット名でシングル「青春アミーゴ」を発売し、ミリオンセールスを記録。15年大みそかのジャニーズカウントダウンコンサートで同曲を披露したところ、とてつもなく大きな反響があった。17年に「亀と山P」という新たな名義でシングル「背中越しのチャンス」をリリースしたあたりから、15周年のビッグプロジェクトを意識するようになった。

 亀梨「体感として2人で集まったときにしか生まれない、お客さまたちのリアクションや思いを非常に僕ら自身も感じながら、『何か僕たちが形としてできたらいいよね』というのがそもそもの始まりでした」

 少しレトロな曲調と、軽快な振り付けでおなじみの「青春アミーゴ」は忘年会シーズンの宴会ソングとしても人気を博した。新作アルバムの制作にあたっては、当時と同じように幅広い世代から親しまれる曲作りを目指すという。ファンはもちろん、2人は役者や歌手仲間からもユニット復活待望論をたくさん耳にしていた。

 山下「僕らがやることによって皆さんが楽しめる時間の一部になれたらいいなと。待っていてくださる方たち、それ以外の方たちにも届くようにという思いで制作に取り組んでいけたらと思います」

 2人は同学年でジャニーズJr.時代は同じ方面から電車通勤していたこともあり、私生活でもアミーゴ(親友)の間柄。家族ぐるみの付き合いで、ここ数年は大みそかのカウンドダウンライブを終えて初詣に行った後、ともにかわいがってもらっているリリー・フランキーと一緒に過ごし、最後にどちらかの家で新年会を開くのが恒例だとか。

 亀梨「僕が12歳の時にジャニーズに入ってからずっといる存在。山Pもインスタグラムとか、会社の中でも前例がなかったことにチャレンジしているタレントさんなので、僕自身もすごく刺激になる」

 山下「少年時代から一緒に過ごさせてもらっている中で、仕事場では見せられない、自分の肩の力が抜くことができるというか、少年に戻れる空間を作ってくれる唯一の友人。ひとりでいるときには出ない表情を亀が引き出してくれる」

 脂が乗った30代で、2人がどんな新しい化学反応を生み出すのか―。注目度は抜群だ。

1/2ページ

最終更新:2/17(月) 4:00
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事