ここから本文です

アザール躍動も終盤に追いつかれたレアル、バルサと勝点差わずか1

2/17(月) 6:53配信

SPORT.es

ラ・リーガ・サンタンデール第24節レアル・マドリー対セルタの試合が現地時間16日21時よりサンティアゴ・ベルナベウで行われた。

2年の契約延長を求めるラモス 会長フロレンティーノと駆け引き

昨年11月26日のパリ・サンジェルマン戦で負傷したエデン・アザールが、その日以降初めてメンバー入りし、早速監督ジダンは先発で起用した。

リーガ第9節から負けがないマドリーだが、アウェイのセルタが先制した。立ち上がり7分、アスパスのスルーパスに抜け出したスモロフがクルトワとの1対1を制してネットを揺らした。(0-1)

その後はレアル・マドリーが圧倒的に押し込む展開となったが、フィニッシュの精度を欠き、シュート6本を放つもオン・ターゲットはゼロで前半を終えた。

前半終了間際にはコーナーキックからエイドゥーがマドリーゴールを襲ったが、クルトワの好守で逃れた。

早く追いつきたいマドリーは、49分、アザール、バルベルデ、ベイルの関係で左サイドを攻略。ベイルのクロスにセルヒオ・ラモスが右足で合わせてネットを揺らしたが、オフサイドでゴールは認められず。

3分後、マドリーが同点に追いつく。ベンゼマとマルセロのコンビでPA左に侵入。マルセロのマイナスのクロスをトニ・クロースが左足のコントロールショットで流し込んだ。(1-1)

63分、ベンゼマのパスを受けたアザールがゴールキーパーに倒されてPKを獲得。このPKをラモスがゴール左隅に決めて、マドリーが逆転した。(2-1)

73分にまでプレーしたアザールは、前半からキレのある動きを披露。ベンゼマとの連携でゴールにも迫り、逆転につながるPKも獲得するなどコンディションは上々のようである。

マドリーがこのまま勝ちきるかと思われたが、85分、デニス・スアレスの絶妙なスルーパスに反応したサンティ・ミナに決められて追いつかれた。(2-2)

レアル・マドリーは逃げ切りに失敗し、この試合前まで降格圏に沈んでいたセルタから勝点を取り損ねた。昨日勝利したバルセロナとの勝点差は1ポイントに縮まっている。

レアル・マドリー 2-2 セルタ
■得点者
7分:フョードル・スモロフ
52分:トニ・クロース
64分(PK):セルヒオ・ラモス
85分:サンティ・ミナ

SPORT

最終更新:2/17(月) 6:59
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ