ここから本文です

高出力・急速充電が可能!次世代半導体”GaN(窒化ガリウム)”を採用したモバイルバッテリー

2/17(月) 7:00配信

&GP

シリコンに代わる次世代半導体である“GaN(窒化ガリウム)”を採用したモバイル充電器がクラウドファンディング・Makuakeに登場しました。高効率のGaNにより、ハイパワー、コンパクト、高い耐熱性という長所を併せ持ち、USB-C機器などを便利に充電&給電できます。

【カラーバリエーション・詳細画像はこちら】

CIOの手掛ける「Lilnob 3C1A」(6480円~ 2月16日現在)は、本体にUSB-Aポート1つと、USB-Cポートを3つも搭載した、コンセントに挿して使うタイプの充電アダプタです。縦横のサイズは、60×75mmと、クレジットカードほどの大きさで、厚みは29mm。複数の差込口のあるコンセントでも隣のコンセントに干渉しない厚みとなっています。コンセントプラグは折り畳んで収納でき、重さはわずかに約170g。小さなポケット、バッグにも気軽に忍ばせておけますね。

このコンパクトさを実現した理由が、搭載されている次世代半導体“GaN(窒化ガリウム)”を用いたICチップ。シリコンに比べて高効率のため発生する熱も少なく、圧倒的な小型化を実現させました。

USB-Cポート1つのみで充電する場合は、最大で100Wという高出力での充電が可能。96Wの供給電力を必要とするMacBook Pro 16インチでも約43分で50%充電。iPhone XSなら約30分、Nintendo Switchなら約67分で50%の充電ができます。2ポート同時に使う場合でも65W+30Wとなるので、MacBookとタブレットを同時に充電可能。

そもそもUSB-Cポートを3つも搭載している充電器自体がちょっと珍しい存在。普及が進みUSB-C対応機器を複数台持っている人も増えてきているはず。また、USB-Aポートも、QuickCharge 3.0対応で、最大30Wの急速充電仕様。もちろん、それぞれの出力は落ちますが、4ポート同時に充電することも可能です。

本体カラーはホワイトとブラックの2色が用意されています。

(文/&GP編集部)

最終更新:2/17(月) 7:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ