ここから本文です

新型コロナウイルス、症状は? 風邪とどう違う? 医師が解説

2/17(月) 13:01配信

ハフポスト日本版

新型コロナウイルスの症状は2パターン

新型コロナウイルスによる肺炎と風邪の違いとは? 医師の高山義浩さん(沖縄県立中部病院感染症内科・地域ケア科副部長)が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状を2つのパターンに分けて解説します。
---------------------

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染したときの臨床像は、2つのパターンに分けられます。

まず、風邪症状が1週間ぐらい続いて、そのまま軽快するというもの。この経過をとる人が大半です。新型コロナといっても、重めに発症するわけではありません。ほんとに風邪です。ただ、普通の風邪は2、3日で治りますが、新型コロナだと長引くのが特徴です。

次に、風邪症状が1週間ぐらい続いて、倦怠感と息苦しさが出てくるもの。体がむくんだり、下痢が重なる人もいるようです。高齢者や基礎疾患のある方において、この経過をとる人が多いのですが、健康な壮年層にも見られることがあります。

一方、この経過を子どもがとることは極めて稀とされています。

感染してから発症するまでの潜伏期間は5日(1-11日)ぐらいで、入院を要するほどに重症化するのは、さらに10日(9.1-12.5日)経ったころだと見積もられています。

感染力が強いのは、発症から3、4日目ぐらいだと考えられていますが、重症化すると感染力も維持されて院内感染を引き起こしやすくなっています。

若者と高齢者で臨床経過が異なるので、重症化率と致命率についても世代別に考えた方がよいと思います。いまだ、世代別の疫学報告はありませんが、私個人のざっくりとした印象で言うと…、若者の重症化率と致命率は、統計的に見れば、ほぼゼロ%でしょう。

一方、感染した高齢者の1割ぐらいが重症化して、1%ぐらいが死亡するのではないかと感じています。これは、やや甘めの見積もりであって、要介護高齢者や入院患者では、さらにリスクが高まるものと考えてください。

1/3ページ

最終更新:2/17(月) 16:03
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ