ここから本文です

平氏トップ当選 新議員16人決まる 金ケ崎町議選【岩手】

2/17(月) 9:56配信

岩手日日新聞社

 任期満了に伴う金ケ崎町議選(定数16)は16日、投開票が行われ、新議員が決まった。定数を2上回る18人が立候補し、現職11人、元職1人、新人4人が当選。現職1人、新人1人が涙をのんだ。トップ当選は新人の平志乃氏(39)=幸福=で、682票を集めた。投票率は67・77%で、2016年の前回(70・74%)を2・97ポイント下回り、補選を除く町議選では過去最低だった。

 地区別の新議員は、街が現職2人と元職1人、新人1人。三ケ尻が現職2人。南方が現職1人と新人2人。永岡が現職3人。西部が現職2人。北部が現職1人と新人1人。女性は3人だった。

 党派別では公明、共産、幸福が各1人。他は無所属。幸福は県南の市町で初めて議席を獲得。公明、共産は議席を維持した。

 今回は告示1カ月前の時点で出馬を明言しない現職、新人がおり、選挙戦となるか微妙な情勢だったが、1月中旬に相次いで進退が明らかになり、少数激戦となった。

 投票は町内11カ所の投票所で行われた。開票作業は午後7時30分から街地区体育館で行われ、9時5分に確定した。

 当日有権者数は1万2950人(男6541人、女6409人)。投票者総数は8776人(男4352人、女4424人)で、このうち期日前投票は3572人(男1696人、女1876人)。有効投票8685票、無効投票91票だった。

 当選証書の付与式は、17日午前10時から町役場で行われる。

最終更新:2/17(月) 10:39
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ