ここから本文です

刃物で武装の男ら、トイレットペーパー強奪 買い占め騒動の香港

2/17(月) 14:11配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【2月17日 AFP】(更新)香港で、商品輸送車の運転手を複数の男らが刃物で脅し、大量のトイレットペーパーを盗んだ。警察が17日、明らかにした。香港では新型コロナウイルスの影響で住民が買い占めに走り、品不足が発生している。

 香港政府は、トイレットペーパーの供給は新型コロナウイルス流行の影響を受けないと保証しているが、実際は品薄になっている。

 警察によると、旺角(Mong Kok)地区のスーパーマーケット外で17日早朝、武装した男3人がトラックの運転手を襲った。「ナイフを持った男3人が運搬作業員を脅迫し、1000香港ドル(約1万4000円)超相当のトイレットペーパーを盗んだ」という。

 ある警察筋がAFPに語ったところでは、盗まれたトイレットペーパーは後に回収された。容疑者2人は逮捕されたものの、1人は依然逃走中だという。

 地元メディアNow TVが放送した動画には、恵康(Wellcome)というスーパーマーケットの系列店の前に、警察の捜査員らが複数のパレットに積まれたトイレットペーパーのそばに立っている様子が映っている。トイレットペーパーが半分しか残っていないパレットもあった。

 恵康は、今回の強奪事件を「無分別な行為」だと指摘し、消費者らに対しトイレットペーパーの買い占めやため込みは避けるよう呼び掛けた。

 さらに同社は「需要を満たせるだけの十分なトイレットペーパーの供給を受けているということを強調したい」と述べ、「一時的な供給不足が起きたのは、需要が突然異例の急増を見せたため」と説明した。

 事件を受けて香港市民は、困惑と笑いが入り交じった反応を示した。

 現場を通り掛かった女性は現地テレビ局iCableの取材に対し、「私だったらマスクを盗みますね、トイレットペーパーじゃなくて」と冗談めかして答えた。

 香港では58人の感染が確認されており、深刻なマスク不足が起きている。

 当局はインターネット上のうわさが買い占めを引き起こしていると非難しており、食料品や家庭用品の供給はこれまで通り安定していると主張。

 ただ世界中で見ても特に人口が密集している香港では、スーパーマーケットや薬局の売り場面積が限られており、買い占めが起きれば品不足が生じる。映像はNow TVが17日撮影・提供。(c)AFPBB News

最終更新:2/18(火) 14:35
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ