ここから本文です

高校時代は青森でしのぎを削った木浪聖也と北條史也 虎の正遊撃手を掴むのは?

2/17(月) 12:11配信

高校野球ドットコム

 16日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座で行われた春季キャンプ練習試合で、阪神タイガースが東北楽天ゴールデンイーグルスに7対6で勝利した。

【写真】北條史也の光星学院時代の足を高く上げるフォーム

 この日、存在感を見せたのは「1番・遊撃」で先発出場した阪神の木浪聖也だった。4点を先制された直後の3回裏、無死一、二塁から2点タイムリー三塁打を放って反撃の狼煙を上げると、5回にもセンター前ヒットを放ってこの日は2安打。1番打者としてだけでなく、正遊撃手争いにも一歩リードした形となった。

 ルーキーイヤーの昨年は、アマチュア時代から定評のあった守備力を武器に113試合に出場して、打率も.262を記録。鳥谷敬に衰えが見えていた状況の中で、しっかりと頭角を現した。

 正遊撃手の座を狙う上で、当面のライバルとなるのはプロ8年目のシーズンを迎える北條 史也だろう。
 実は木浪と北條は、高校時代は同じ青森県でしのぎを削り合った仲で、青森山田出身の木浪は、北條、田村 龍弘(千葉ロッテ)が所属する光星学院(現:八戸学院光星)の前に甲子園出場を阻まれた経験がある。

 当時は、名実ともに北條には及ばなかったが、亜細亜大、Hondaと徐々に実力をつけていき、今では高校時代の宿敵を押しのけるかというところまできた。

 新進気鋭の名手・木浪か、それともプロで地道に実力を積み上げた北條か。青森の名門出身の二人の正遊撃手争いにこれからも目が離せない。

栗崎祐太朗

最終更新:2/17(月) 12:11
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ