ここから本文です

主力選手も監督も昨シーズンのまま……。上位陣はどこも完成度の高い状態で迎えるJリーグ開幕

2/17(月) 17:32配信

J SPORTS

2月21日にいよいよJリーグが開幕を迎える。ただし、今シーズンのリーグ戦開幕はかなり異例のスケジュールとなっている。

本来なら「FUJI XEROX SUPER CUP」に続いてキックオフカンファレンスがあり、徐々に機運が盛り上がった中でJ1開幕を迎える。それが主催者側が描いているシナリオなのだろうが、今シーズンは開幕直前の日曜日(16日)に「JリーグYBCルヴァンカップ」の第1節が開催されたのだ。また、昨年のJ1王者の横浜F・マリノスや同2位のFC東京、そして天皇杯優勝のヴィッセル神戸はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の第1節、第2節を消化してからリーグ戦開幕を迎えることとなる。

一斉にキャンプインして一斉にオープン戦が始まり、そしてペナントレース開幕を迎えるというのがプロ野球だが、Jリーグの場合は「五月雨(さみだれ)式開幕」は通常のことだ。とくに今年は東京オリンピックの関係でルヴァンカップ開幕が早まったため、J1の全チームが公式戦を1試合以上戦ってからの開幕ということになったのだ。

盛り上がりに水を差すようなスケジュールではあるが、それによって開幕直後からハイレベルの戦いが期待できるのではないだろうか。

どんな大会でも“開幕戦”は希望とともに不安を抱えて迎えることとなる。キャンプや練習試合を通じていくら準備を積み重ねてきたとしても、やろうとしていることがすべてピッチ上で実現できるはずはない。キャンプ中から準備してきたプレーも、公式戦の激しいプレッシャーの中でどこまで実践できるのか……。

「開幕数試合は“慣らし運転”的な手探り状態になる」というのは、古今東西どこの国でも同じだ。

ただ、今シーズンは各チームともに公式戦を経験してからの開幕となるので、通常のシーズンよりは完成度が高い状態で開幕を迎えることができるはずだ。

「チームの完成度」という意味では、昨年からの継続性を保ったチームが多いこともプラスに働くことだろう。

1/3ページ

最終更新:2/17(月) 17:32
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ