ここから本文です

「津久井やまゆり園」事件 検察側が死刑求刑 植松被告は表情変えず

2/17(月) 12:57配信

AbemaTIMES

 神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され、26人がけがをした事件の裁判で、検察側は、植松聖被告(30)は「完全責任能力がある」として死刑を求刑した。

【速報】植松聖被告に死刑求刑

 この裁判は、植松被告の刑事責任能力の有無が最大の争点。17日の論告で検察側は、起訴後の精神鑑定の診断結果をもとに「植松被告の犯行は計画的で冷静な判断をしていて、大麻の影響はなかった」と主張した。また、「完全責任能力があると明らかになったと考える」としたうえで、死刑を求刑した。

 植松被告は、表情を変えることなく求刑を聞いていた。
(ANNニュース)

最終更新:2/17(月) 13:06
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ