ここから本文です

ランチ2000円、新作ブランド…金銭感覚が合わないママ友…どうやって逃げるのが正解?

2/17(月) 9:45配信

LIMO

育児をするうえで、避けては通れない「ママ友とのお付き合い」。学生時代の友人とは異なり、さまざまな年代や性格のママたちと交流する機会も少なくありません。

ときには、金銭感覚がズレたママ友に悩まされることもあるでしょう。「子どもの友達関係のために」「育児の情報を得るために」と仕方なく付き合っていると、どんどん自分が苦しむ一方です。

とはいえ、ママ友との交流を完全に断ち切って、周囲から浮いてしまうのも避けたいところですよね。「この人とは金銭感覚が合わないな」と感じたら、どのように対応するのが得策なのでしょうか。角を立てずにうまく乗り切ったママたちに、その方法を聞いてみました! 

あえて短時間勤務でパートに出ました

「同じ幼稚園のバス停を利用しているママたちと仲良くなり、ランチに誘われました。『ご近所さんだし、これから長い付き合いになるかも…』と参加することに。

しかし、いざ行ってみると『また夫が出世して忙しくなった』『うちの夫は大企業に勤務しているから、転勤の時期はハラハラする』といった自虐風の自慢ばかり飛び交っていたのです。最初は我慢していましたが、その後もお見送りの後にランチへ行くのが定番の流れになってきました。ランチが2000円もするお店ばかり連れて行かれるので、経済的にも辛かったです。

自慢話を聞くために高いランチ代を払うなら、いっそのこと働いている方が有意義なはず。そこで、出産前に働いていた会社に相談し、幼稚園の時間だけ働かせてもらうことになりました。今では、お見送りが終わったら『では、私はこれで』とすぐに立ち去っていますよ」

仕事を理由にすれば、ランチの不参加を不思議に思われることはありません。ママ友同士のマウンティングから逃れられるうえ、家計の足しもになる、まさに一石二鳥の手段ですね。

ダイエットを理由にフェードアウト

「うちの幼稚園はセレブが集まっているようで、普段のランチもお金を気にせず満喫しているママがほとんど。ランチに行ったときも、全員一致で『じゃあこれで』と一番高いコースを注文していました。

『しばらく節約しなきゃ…』と食べながら考えていたら、『デザートはどうする?』『お迎えまで時間があるから、あっちのカフェにも行きましょう』という提案が。この人たちとは金銭感覚が合わないと感じ、『ダイエット中だから、私はこのへんで』と退散しました。その後も『今は炭水化物を控えているの』と断り続けているうちに、自然と誘われなくなりましたよ」

お金の価値観が合わないと感じたら、ダイエットを理由にして離脱するのも1つの方法です。「お金がないから」より「美しくなるため」と伝えたほうが、相手も受け入れやすくなるでしょう。

1/2ページ

最終更新:2/17(月) 9:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ