ここから本文です

ニューヨーカーが今いちばん読んでいるビジネス書は?(2020年1月調べ)

2/17(月) 21:10配信

LIMO

この記事では、某商社ニューヨークオフィスに勤務するビジネス書大好き人間が、日々通う書店のビジネス書コーナーで感じたことをお話ししていきます。

2月といえばバレンタインですね。日本では女性から男性にチョコレートを渡すイベントだと思いますが、アメリカでは男性から彼女や奥さんなど、親密な関係の女性にプレゼントを贈ることが中心です。プレゼントもチョコレートだけでなくバラの花束など、日本人からすると少し照れくさいものを贈るのがアメリカのバレンタイン。男性読者の皆さんは、今年のバレンタインは、日頃の感謝を込めてプレゼントを贈りましたか? 

ともあれ、今月もランキングを見ていきましょう。

バーンズ&ノーブル(BARNES & NOBLE)の1月のビジネス書売れ筋ランキング

※ 順位/タイトル/邦題(翻訳書がないものは編集部で独自に訳した仮題)/著者

1.StrengthsFinder 2.0/(邦題)さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0(日本経済新聞出版社)/著:トム・ラス

2.Catch and Kill:Lies, Spies, and a Conspiracy to Protect Predators/(仮題)キャッチ・アンド・キル:嘘、スパイ、そして略奪者を守る陰謀/著:ローナン・ファロー

3.Atomic Habits: An Easy & Proven Way to Build Good Habits & Break Bad Ones/(邦題)ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣(パンローリング)/著:ジェームズ・クリアー

4.Rich Dad Poor Dad: What the Rich Teach Their Kids About Money That the Poor and Middle Class Do Not! /(邦題)金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学(筑摩書房)/著:ロバート・キヨサキ

5.The Age of Surveillance Capitalism:The Fight for a Human Future at the New Frontier of Power/(仮題)監視資本主義の時代:権力の新たなフロンティアにおける、人類の未来のための戦い/著:ショシャナ・ズボフ

6.Girl, Stop Apologizing: A Shame-Free Plan for Embracing and Achieving Your Goals (B&N Exclusive Edition)/(仮題)女子よ、謝ることをやめなさい:目標を達成するための不真面目な方法/著:レイチェル・ホリス

7.The 7 Habits of Highly Effective People: 25th Anniversary Edition/(邦題)完訳 7つの習慣 25周年記念版(キングベアー出版)/著:スティーブン・R・コヴィー

8.The 48 Laws of Power/(邦題)権力に翻弄されないための48の法則 上・下(パンローリング)/著:ロバート・グリーン

9.J.K. Lasser's Your Income Tax 2020:For Preparing Your 2019 Tax Return/(仮題)J・K・ラサーの所得税2020:2019年の確定申告の準備/著:J・K・ラサー

10.Swing Your Sword: Leading the Charge in Football and Life/(仮題)あなたの剣を振るえ:アメフト、そして人生で先頭を走る/著:マイク・リーチ

1/2ページ

最終更新:2/17(月) 21:10
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ