ここから本文です

新型肺炎は韓国企業にも大打撃~サムスンやLGの工場にも影響

2/17(月) 11:20配信

LIMO

本記事の3つのポイント

 ・ 新型肺炎の影響で、韓国の半導体・FPD業界での懸念も高まっている。サムスンやLGは中国国内の工場も稼働を中止
 ・ サムスンやSKハイニックスの半導体工場は現在も操業を続けているが、今後影響が長期化すれば稼働に支障が出てくる可能性も
 ・ 韓国は19年ベースで中国に1362億ドルを輸出。これは全輸出額の38%強を占め、中国への依存も浮き彫りになっている
 中国発の新型肺炎の感染拡大によって、韓国の半導体・FPD業界でも懸念が高まっている。工場の稼働を中止したり、キャパシティーを調整する工場が増えつつある。素材や部品などに関して中国現地のサプライチェーンが崩れることが憂慮されているためだ。

「韓国の対中貿易の推移」の図表を見る

FPDモジュール工場稼働を中止

 中国に液晶と有機ELパネル工場を持つサムスンディスプレー(SDC)とLGディスプレー(LGD)は、すでに生産に支障が出始めている。LGDは、2020年1月に烟台(山東省)の液晶モジュール工場の稼働を中止し、1月末からは南京工場の稼働も中止した。LGDは広州、烟台、南京の3カ所にモジュール工場を持つが、このうち2カ所の稼働が停止したことになる。

 また、SDCも東莞(広東省)と天津に運営中のスマートフォン向け中小型有機ELモジュール工場のキャパシティーを調整しているもようだ。したがって、新型肺炎の影響が長期化する場合、両社の液晶・有機ELパネル工場に与える影響は決して小さくない。エレクトロニクス業界のサプライチェーン・マネジメント(SCM)が大きく混乱してしまいかねない不確実性を抱えているのだ。

SCM混乱への懸念高まる

 SDCとLGDが運営している液晶パネル工場の稼働中止への懸念も高まっている。FPDパネル工程は半導体工程と構造が似ているだけに、稼働を中止すると再稼働は決して容易ではなく、莫大な損失を被る。

 SDCは蘇州に液晶パネル工場を、LGDは広州に液晶と有機ELパネル工場を運営しているが、中国政府は「稼働中止」を継続的に呼び掛けているそうだ。新型肺炎の影響が長期化するなら、稼働中止が避けられなくなるだろう。

 実際、一部の中国液晶パネルメーカーの稼働中止が現実化しつつあり、市場調査会社のIHSマークイットは、新型肺炎によって中国全体の液晶パネルの生産キャパシティーが、20年2月中に最大で20%以上減少すると推定している。

 SCMが混乱するという懸念もFPD業界における不確実性を高めている。FPDパネルの製造工程には数千種類の素材・部品が使われているが、今後の安定的な確保が難しくなるためだ。現代自動車は、中国産の部品供給が途絶えたため2月5日から稼働中止を余儀なくされた。FPD業界でも今後そうした事態が発生しうる。

1/2ページ

最終更新:2/17(月) 12:40
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ