ここから本文です

【J1開幕直前クラブガイド】戦力補強は十分、昇格&即優勝の2011年の再現なるか《柏レイソル》

2/17(月) 20:30配信

超WORLDサッカー!

FUJI XEROX SUPER CUP 2020、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、YBCルヴァンカップとすでに公式戦が開幕。そんな中、J1リーグが最後に開幕を迎える。

超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届け。第2弾として、昨季J2優勝の柏レイソルを紹介する。

◆補強動向《B》※最低E~最高S
【IN】
GK松本健太(22)←東洋大学/新加入
GKキム・スンギュ(29)←蔚山現代FC(韓国)/完全移籍
DF大南拓磨(22)←ジュビロ磐田/完全移籍
DF高橋祐治(26)←サガン鳥栖/完全移籍
DF三丸拡(26)←サガン鳥栖/完全移籍
DF北爪健吾(27)←横浜FC/完全移籍
DF井出敬大(18)←柏レイソルユース/昇格
DF川口尚紀(25)←アルビレックス新潟/期限付き移籍→完全移籍
MF戸嶋祥郎(24)←アルビレックス新潟/完全移籍
MF仲間隼斗(27)←ファジアーノ岡山/完全移籍
MFマテウス・サヴィオ(22)←フラメンゴ(ブラジル)/期限付き移籍→完全移籍
MF三原雅俊(31)←ヴィッセル神戸/期限付き移籍→完全移籍
MF鵜木郁哉(18)←柏レイソルユース/昇格
FW神谷優太(22)←湘南ベルマーレ/完全移籍
FW呉屋大翔(26)←ガンバ大阪/完全移籍
FW細谷真大(18)←柏レイソルユース/昇格

【OUT】
GK猿田遥己(20)→ガンバ大阪/期限付き移籍
DF上島拓巳(22)→アビスパ福岡/期限付き移籍
DF杉井颯(19)→ツエーゲン金沢/期限付き移籍
DF宮本駿晃(20)→モンテディオ山形/期限付き移籍
DF田上大地(26)→アルビレックス新潟/期限付き移籍
DF増嶋竜也(34)→ジェフ千葉/期限付き移籍→完全移籍
DF橋口拓哉(25)→FC岐阜/完全移籍
DF中川創(20)→ジュビロ磐田/完全移籍
DFユン・ソギョン(30)→釜山アイパーク(韓国)/期限付き移籍
DFパク・ジョンス(25)→サガン鳥栖/期限付き移籍延長
MF田中陸(20)→レノファ山口/期限付き移籍
MF手塚康平(23)→横浜FC/期限付き移籍
MF菊池大介(28)→アビスパ福岡/期限付き移籍
MFガブリエル(30)→フラメンゴ(ブラジル)/期限付き移籍満了
MFキム・ボギョン(30)→全北現代モータース(韓国)/完全移籍
MF中川寛斗(25)→湘南ベルマーレ/期限付き移籍→完全移籍
FW村田和哉(31)→レノファ山口FC/期限付き移籍

圧倒的な攻撃力を見せつけ、J2優勝、1年でのJ1復帰を果たした柏。新たにJ1の舞台で戦うにあたり、しっかりとウィークポイントを補強。加えて、人員整理を行なった。

韓国代表GKキム・スンギュ(←蔚山現代FC)、DF高橋祐治(←サガン鳥栖)とJ1経験者を補強。また、MF戸嶋祥郎(←アルビレックス新潟)、MF仲間隼斗(←ファジアーノ岡山)、FW神谷優太(←湘南ベルマーレ/昨季は愛媛FCへ期限付き移籍)、FW呉屋大翔(←ガンバ大阪/昨季はV・ファーレン長崎へ期限付き移籍)とJ2リーグで結果を残していた選手を補強した。


◆2011年は昇格即優勝、今年は…《上位争い》

2011年にJ1昇格した際には、史上初のJ1昇格J1優勝を成し遂げていた柏。その当時と同じネルシーニョ監督率いるチームは、上積みが期待できるシーズンと言えるだろう。

前述の通り、即戦力を補強し、長いシーズンを戦う上でのバックアッパーも確保。あとは柏のサッカーにどれだけ早くフィットできるかがポイントとなりそうだ。

守護神の中村航輔が開幕前に離脱したが、GKキム・スンギュの補強で穴埋めは問題なし。YBCルヴァンカップのガンバ大阪戦でゴールを守ると、押し込まれた後半に好セーブを見せ勝利に貢献。競争の激しい守護神争いは見ものだ。

また、オルンガもG大阪戦でゴールを記録しており、昨シーズンチームを牽引したストライカーがどこまでゴールを決められるか。J1の舞台で苦労する助っ人はこれまでも多くいたが、オルンガの出来次第では苦しむシーズンになる可能性もある。

いずれにせよ、継続路線に加えて戦力の上積みができており、ネルシーニョ監督が掲げた「17試合で勝ち点35」というノルマを達成できるかを見守る必要はある。目標達成となれば、上位も見えてくるだろう。

◆超WS編集部イチオシ選手
FWオルンガ(25)

イチオシ選手は昨シーズンJ2の得点王に一歩届かなかったFWオルンガだ。ケニア代表の点取り屋は、昨シーズンのJ2リーグで30試合27得点。特に最終節の京都サンガF.C.戦は、1試合8得点の大暴れを見せた。

193cm、85kgという恵まれた体躯を生かしたプレーだけでなく、スピード、懐の深さとJ1でも高いクラスの助っ人となる。周囲との連携も1シーズン共に戦っただけあり、大きな問題は生じないだろう。

あとは、J1チームの守備陣にどれだけ通用するか。昨シーズンと変わらないパフォーマンスに期待がかかる。

◆注目の東京五輪世代!
DF古賀太陽(21)

夏に予定されている東京オリンピック世代の選手としてピックアップするのは、DF古賀太陽だ。

小学生の頃から柏の下部組織に所属する古賀。“太陽王”という意味の“レイソル”のために生まれていたかのような名前を持ち、高校3年時には2種登録を経験した。

2018年途中から育成型期限付き移籍したアビスパ福岡で頭角を現すと、2019年は3バックの一角や左サイドバックとしてJ2リーグで37試合に出場し2得点を記録。昨年12月にはEAFF E-1サッカー選手権に向けた日本代表にも召集され、香港代表選でデビューを果たしていた。

自身にとっては2017年以来のJ1の舞台となるが、チームの守備を支える一員として結果を残し、激戦区となるディフェンスラインでの東京オリンピック出場を目指す。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/18(火) 1:03
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事