ここから本文です

【MLB】サイン盗みにダルビッシュが痛烈皮肉 世界一トロフィーに「豪華なゴミ箱!」

2/17(月) 20:16配信

Full-Count

17年ワールドシリーズでダルビッシュはグリエルから人種差別を受けた

 サイン盗みで処分を下されたアストロズがスプリングトレーニング前に謝罪会見を開くも、処分の甘さ、度重なる“言い訳”に対してのバッシングは一向に止む気配は無い。17年ワールドシリーズでアストロズ相手に登板し苦杯をなめたカブスのダルビッシュ有投手(当時ドジャース)の発言も注目を浴びている。

【動画】“サイン盗み”の決定的瞬間!? ダルと対戦したイエリッチの目が“疑惑”の方向に泳いだ実際の瞬間

 アストロズの主砲カルロス・コレア内野手が16日(日本時間17日)に同僚を庇い“弁明”するも火に油だった。米メディア「バーストゥール・スポーツ」のジャレッド・ガラビス記者は、ダルビッシュが「(コレアが)ベリンジャーについて語っているのを昨日見たよ。彼らは不正行為をした。彼らが現在、色々喋る必要はない。実際彼らの口から何か語るべきではないよ」と米メディアに対して英語で語っている映像をツイッターで投稿。ガラビス氏も「彼らは口を閉ざしておくべきだと考えている。覚えておいてほしい、ユリ・グリエルによるダルビッシュへの人種差別行為が行われたのは、ヒューストンがワールドシリーズでドジャースからサイン盗みを行っていた時だ」とつぶやき、日本人右腕を擁護した。

 17年のワールドシリーズで当時ドジャースに在籍していたダルビッシュはアストロズ相手に第3、第7戦に先発したがいずれも2回持たずにKO。地元メディアやファンから痛烈な批判を浴びていた。これだけに留まらず元DeNAでアストロズの主軸でもあるユリ・グリエル内野手からは本塁打を被弾した後、両目尻を吊り上げるジェスチャーで人種差別を受けていた。

五輪での不正は金メダル剥奪もWSタイトルは剥奪されず…ダル「違和感を覚える」

 さらに、カブス専門メディア「マーキースポーツ・ネットワーク」のトニー・アンドラッキ記者も「オリンピックでは、選手が不正行為をすると、彼らは金メダルをもらえないよね? けど、アストロズは依然として世界一の称号を保持している。僕はそれに違和感を覚える」というダルビッシュのコメントを投稿。依然としてMLBが世界一タイトルを剥奪しないことに納得いかない様子であることを伝えた。

 これを受けて、ファンが17年にアストロズが戴冠したチャンピオントロフィーの写真を投稿すると、ダルビッシュは「豪華なゴミ箱! 気に入ったよ!」と返信。サイン盗みで使用したとされるゴミ箱を暗示して皮肉たっぷりにコメントしている。

 サイン盗みのみに留まらず人種差別まで受けるなど踏んだり蹴ったりのワールドシリーズを経験したダルビッシュ。最大級の“被害者”とも呼べる日本人右腕がMLBの制裁に納得がいかないのも無理はない。

Full-Count編集部

最終更新:2/17(月) 22:24
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ