ここから本文です

Uターンラッシュで帰省客の健康情報登録を確認 中国・上海虹橋駅

2/17(月) 8:00配信

CNS(China News Service)

【CNS】春節(旧正月、Lunar New Year)の休み期間が終わり、帰省のUターンラッシュが始まった8日夕方、上海市公安局閔行(Minhang)支局の警察官らは、市内の主要駅の上海虹橋(Shanghai Hongqiao)駅で、帰省客らが健康情報に登録しているか確認を行った。

 新型コロナウイルスの流行により、上海市内に入る市民はすべて健康情報を登録することが必要になった。

 この日、上海虹橋駅に到着した乗客は5万9000人。乗客は事前に微信(ウィーチャット、WeChat)の中国鉄路上海局集団(China Railway Shanghai Group)公式アカウントなどを通じて、健康状態に関する個人情報を入力した。駅で登録情報の確認を受けた人は、駅から街に向かった。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:2/17(月) 8:00
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事