ここから本文です

新型肺炎がアフリカ波及なら死者1000万人も、ゲイツ氏が警告-英紙

2/17(月) 13:08配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルスの感染がアフリカに波及すれば、医療サービスの対応能力が追い付かず、死者1000万人の事態を招きかねないパンデミック(世界的な大流行)になる恐れがあると警告した。英紙テレグラフが報じた。

同紙によれば、ゲイツ氏は米科学振興協会(AAAS)がシアトルで開いた会合で、「サハラ砂漠以南のアフリカや一部アジアのような地域に感染が広がる場合には特に起こり得る。この病気がアフリカに波及すれば、中国の場合より劇的な事態になる」と語った。

ゲイツ氏は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じて他に先駆けて医療保険分野の国際支援を行ってきたことで知られる。

(c)2020 Bloomberg L.P.

Ryoji Uchida

最終更新:2/17(月) 13:08
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事