ここから本文です

ただ今、一部コメントが表示されない不具合が発生しています。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

キャセイ航空、上期業績は「著しい」落ち込みを想定-ウイルスが影響

2/17(月) 20:49配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 香港のキャセイパシフィック航空は17日、今年上期の業績が前年同期と比べて「著しく落ち込む」との見通しを示した。香港の反政府抗議運動ですでに打撃を受けているキャセイは、新型コロナウイルス感染拡大でも特に大きな影響を受ける航空会社の1社となる。

発表によると、キャセイとキャセイ・ドラゴン航空の旅客輸送は1月に3.8%減。同社は中国本土便の輸送能力を90%削減しているため、旅客輸送はさらに減少が見込まれる。

最高顧客・コマーシャル責任者のロナルド・ラム氏は発表資料で、「これまで当社が経験した中で最も厳しい春節(旧正月)期だった」とし、新型ウイルス流行前の時点で「すでに、2020年上期は財務的に極めて厳しいことが予想されていた」と説明した。

オーガスタス・タン最高経営責任者(CEO)は、新型ウイルスが移動や旅行に及ぼす影響は「非常に重大」だとみている。

原題:Cathay Warns of Significant Earnings Drop Because of Virus (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Kyunghee Park

最終更新:2/17(月) 20:49
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ